借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら「お困り不動産どうする」

事故物件の売却

訳有り事故物件

事故物件は売却できるのか?

おすすめ記事 その他

事故物件には四種類ある!?

近年よく耳にする事故物件ですが、事故物件には実は四種類あります。

  • ■心理的瑕疵物件
  • ■物理的瑕疵物件
  • ■法的瑕疵物件
  • ■環境的瑕疵物件

「心理的瑕疵物件」とは、一番メディアでも取り上げられる事故物件のことで自殺・殺人・事故・病死などにより人が亡くなってしまった物件のことを指します。心理的に何となく嫌だなと感じられる瑕疵となっておりますが、明確な基準がないことから価格設定が難しい傾向にあります。自然死や病死においては、心理的瑕疵にあたらないと明記しているサイトもありますが発見が遅れた孤独死などについては今後トラブルを避けるためにも告知をしておくべきでしょう。

「物理的瑕疵物件」とは、地盤沈下や土壌汚染、シロアリ、建物の構造欠陥など物理的に欠陥がある物件のことを指します。売買契約後にこのような瑕疵が見つかった場合は、売り主負担で補修を行わなければなりません。こちらは欠陥が目に見えている場合が多く、ホームインスペクションなどでも発見が可能となっています。

「法的瑕疵物件」とは、建築基準法や都市計画法、消防法などの法令に適合していない・制限にかかる物件のことを指します。建ぺい率や容積率違反、接道義務を満たしていない再建築不可物件などがこれに該当し、他にも境界線トラブルや借地トラブルが含まれる場合もあります。

「環境的瑕疵物件」とは、不動産物件そのものには過失がないものの周辺環境などに問題がある物件のことを言います。例えば、騒音や異臭、振動、高層マンション等による日照・眺望の阻害などが該当します。また周りに暴力団事務所や下水処理施設、火葬場や墓地などがある場合も該当となります。環境的瑕疵がある場合、売主は重要事項として告知する義務がありますが、どの程度の影響であれば説明する必要があるのか・ないのか等の明確な基準がなく、曖昧となっているのが問題です。

これら事故物件であっても売却は可能です。早く確実に売りたい方は、特殊物件・事故物件を専門に買取している業者に売却するのが一番でしょう。当サイトのような一括査定サイトにて買取業者同士の提案内容や見積もりを比較検討することができます。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

関連記事

  • 任意売却任意売却 任意売却とは? 任意売却(任意売買)とは住宅ローンなどの返済が難しくなった場合に借り入れている金融機関の同意を得て売却する方法になります。 しかし、売却した金額は、原則、全額返済をし返済後に残った住宅ローンに関しては返済額を見直して毎月支払っていきます。 通常住宅ローンは支払い日までに返済をすればいいのですが、返済が滞ってしまうと期限の利益を喪失してしまい、金融機関 […]
  • 不動産の仲介と買取の違い不動産の仲介と買取の違い 不動産の売却方法の違いについて 不動産の売却を不動産会社に依頼する場合、「仲介」と「買取」の違いをよく理解をしましょう。 「仲介」とは、不動産会社が買主を探し、不動産を売りたい売主とその不動産を買いたい買主をつなげることをいいます。 「買取」とは、不動産会社が買主となり、不動産を売りたい売主から不動産を直接購入することをいいます。 仲介による売却の流れ 1. […]
  • 共有持分不動産共有持分不動産 共有持分とは何か? 不動産を複数名で所有し、それぞれの持っている所有権割合のことを「共有持分」と呼びます。一つの不動産を3人で平等に所有している場合、各共有持分は1/3となります。 共有持ち分にはどういった問題点が出てくるのかをご説明します。 共有持分となる原因及び理由 ■何人かで資金を出し合って不動産を買い取りした ■相続などで兄弟姉妹複数名が不動産を相続 […]