戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方

借地権の査定に強い不動産会社

借地権の売却においては、査定額が大きく変動しやすいという事情があります。従って、適切な査定方法を知らなければ、相場よりもずっと安い価格で借地権を手放すことになってしまったり、いつまで経っても売れないといった事態に陥ってしまう可能性があります。

「別の不動産業者に依頼をしていれば、もっと高く売ることができたのに・・・」といった事態は何としても避けたいものです。

おすすめ記事 借地権 物件種別

借地権売却時の査定を依頼する前のポイント

借地権売却を考えている方で、これから査定を依頼しようとしている方は、売却後に「失敗した!」とならないために、依頼前にどのようなことに注意をしたら良いのかを理解しておくとがポイントです。

不動産売却の査定の重要性は言うまでもないことですが、借地権の場合には特に査定額の変動要因が大きいので、不動産業者の選び方などが非常に重要です。

そこで、今回は借地権の売却における適切な査定方法と、借地権に強い不動産業者の選び方について案内します。

借地権の査定方法は一般的な不動産と同様

借地権付き建物の売却に先立って査定を依頼する方法は、具体的な手順は通常の不動産無料査定と大きく変わる部分はありません。

つまり、方法としては以下の2種類の方法があります。

  • ■不動産業者に個別で無料査定を依頼する
  • ■インターネットの一括査定サイトなどに登録し、査定依頼をおこなう

どちらの手順で査定を依頼する場合でも、住所や物件情報などから簡易的な査定結果を算出してもらう「簡易査定」と不動産業者に現地まで赴いてもらって周辺環境などの情報を踏まえた査定をしてもらう「訪問査定」があります。

「訪問査定」は精度が高まる半面、「簡易査定」よりも査定額が提示されるまでに日数がかかる傾向があります。
※訪問査定とは、業者が物件や役所などに足を運んで査定を行います。訪問査定も机上査定も無料で行ってもらえます。

また、こうした査定を依頼するためには、以下の準備が必要です。

  • ■登記簿謄本
  • ■建物の図面
  • ■土地の測量地図
  • ■修繕完了報告書など修繕の履歴が確認できるもの

無料査定の手順や準備物については、「不動産売却時の無料査定の方法|業者によって査定額が違うのはなぜ? 」の記事にて詳細を案内しているので、手順を詳しく知りたい方はぜひ参考にして下さい。

借地権の査定は不動産業者の選び方で大きな差が出る!

借地権の査定は、不動産業者の選び方で大きな差が生じます。

というのも借地権付き建物の場合、一般的な不動産と異なり特殊な事情があるため、ノウハウを持った不動産業者でなければ買い手を見つけて仲介したり、自社で購入して転売・運用したりすることが困難なケースが多いためです。

借地権の取り扱いのノウハウを持たない不動産業者に査定や売却を依頼した場合、以下のデメリットが生じてしまう可能性があります。

  • ①価値を不当に低く算出されてしまい、結果として相場を大きく下回る金額で不動産を売却することになってしまう
  • ②借地権の査定を拒否されてしまう
  • ③仲介契約を結んだものの、いつまで経っても買い手が見つからず売れ残ってしまう
  • ④地主さんの意向を無視して売却手続きを進めてしまい、後から大きなトラブルに発展してしまう

これらのトラブルを発生させないためには、借地権の取り扱いに長けており、買取実績の豊富な不動産業者を選ぶことが必要です。

リスク要因を減らし高く売るには仲介よりも売却がおすすめ

借地権売却の場合には、不動産業者に仲介を依頼するよりも買取依頼がおすすめです。というのも、借地権売却時における2つのリスクを軽減することができるためです。

(買取を依頼することで対処できるリスク)

  • ①トラブルリスクの減少
  • 不動産業者に買取を依頼した場合、仲介を依頼するよりも売買に関わる人数が少なくなります。そして、買い手となるのが不動産の専門家である不動産業者であることから、地主さんとの交渉もスムーズに進みやすい点が挙げられます。さらに、借地権の取り扱いに長けた不動産業者であれば、あらかじめリスクを想定した交渉を進めることも可能です。

  • ②長く売れ残ってしまう状態を回避できる
  • 借地権の顧客を仲介で探した場合には、契約手続きが完了するまでの期間が長くかかってしまいやすいという特徴があります。地主さんに地代を支払う義務があることや、売却や用途の変更の際に地主さんに承諾を得なければならないこと、などから敬遠されてしまう傾向があります。

さらに、借地権の場合には地主さんがローンの利用を承諾しないなど、買い手の方に購入意思があっても契約が進められないケースもあります。

不動産業者に買取を依頼した場合の一番のメリットは、地主さんが承諾(譲渡・ローン・建替えなど)を認めなかった場合にも買取が可能という点です。買受人が一般の方の場合、トラブルを抱えている借地権はまず売れないといっても過言ではないと思います。

満足の査定額を得るための不動産業者の選び方

満足できる査定額を提示してもらうためには、借地権付き建物の取り扱いに長けた不動産業者を依頼することが大切です。

では、借地権付き建物の取り扱いに長けた不動産業者はどのように探せばよいでしょうか?

ここでは、借地権付き建物の売却に適した不動産業者を探すための方法を2通り紹介します。いずれもインターネットを利用して不動産業者を探す方法です。

「借地権買取(売却)査定+所在地」のキーワードで検索する

オーソドックスな方法としては、Googleやヤフーなどの検索エンジンを使用する際に、検索キーワードの中に「借地権」を含めて検索することです。

借地権の取り扱い実績が豊富であったり、ノウハウを持っていたりする不動産業者は、借地権の売却が得意なことを自社ホームページ内で積極的にアピールしているケースが大半です。従って、検索キーワードに「借地権」というキーワードを入れれば、借地権の扱いが得意であることを打ち出している不動産業者が比較的簡単に見つけられます。

近隣の不動産でお探しの場合は、所在地を一緒に入力して検索すると良いです。

不動産ポータルサイトを活用する

ポータルサイトを活用すれば、借地権の取り扱いに長けた業者を効率よく検索できます。

「借地権」のタグやキーワードで、不動産業者の強みや特徴を絞り込んで抽出できるサイトが理想的です。また、地域ごとに不動産業者のプロフィールを比較検証するのも良いでしょう。

不動産の売買においては、複数の不動産業者に査定依頼をするのが一般的です。その際に、1件1件検索をして確認するよりもポータルサイトを用いて調べた方が効率的であり、査定額や対応方法などの比較がしやすくなります。

まとめ

借地権付き建物の売却は、どの不動産業者に査定を依頼するかによって査定額が大きく変わることがあります。従って、高く売却をしたい時には、借地権の売却に関して確かなノウハウを持っている不動産業者に査定や買取を依頼するのが効果的です。

査定の流れは、一般的な不動産売却時の査定の流れと大きく変わりませんが、最も異なるのは不動産業者の選び方に関してです。効率よく複数の業者をピックアップできるように検索エンジンやポータルサイトを活用しましょう。そして、査定額や対応方法、信頼性などを比較検討しながら、不動産業者を選定すると良いでしょう。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

関連記事

  • 借地権売買の相場を徹底解説|本来の価格と価格のマイナス要因とは借地権売買の相場を徹底解説|本来の価格と価格のマイナス要因とは 借地権売買の相場はどのくらい? 借地権の買取を依頼する際の相場の目安について紹介します。そして、不動産価格が変動してしまう要因について簡単に紹介します。 借地権売買の相場を手っ取り早く知りたいという方もいらっしゃるかと思いますが、現実的には相場額を算出するのは、それほど簡単なことではありません。神奈川県宅建協会が公表している見解を一つのヒントにするならば「理想の不動産価格 […]
  • 借地権買取の際に必須な地主の承諾|不動産業者に任せてトラブル回避借地権買取の際に必須な地主の承諾|不動産業者に任せてトラブル回避 借地権を買取してもらうには地主さんの意向が最重要 法律的にも実務的にも借地権の売却は可能ですが、手順を誤ってしまうとトラブルに発展してしまったり、希望よりも安い価格でしか売れない状況に陥ってしまったりすることがあります。そういった状況を回避するために不可欠なものは地主さんの承諾ですが、日ごろからすごく近しい関係にある場合を除いて、地主さんとの当人同士の話し合いは困難にな […]
  • 個人が地主の借地権・底地の同時売却個人が地主の借地権・底地の同時売却 同時売却ってそもそもなに? 借地権・底地の同時売却とは、借地権者様が所有する借地権(付建物)と地主様が所有する底地を一緒のタイミング(同時に)で第三者に売る(売却)ことをいいます。業界用語で、底借同時(売却)といわれることもあります。 同時売却は、買う側(同時売却にて取得する方)にとっても、売る側(借地権者・地主)にとっても、メリットがある売却方法です。 同 […]