戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

【完全無料】家の価格を調べる

借地権の買取方法を徹底解説!!

借地権買取、地主さんの承諾、トラブル回避策

借地権の売却はなかなかうまく進まないケースが多いです。ここでは、借地権の買取りについて、借地権買取の選択肢や方法、買取りの流れ・注意点などを解説します。

おすすめ記事 物件種別 借地権

そもそも借地権ってなんだっけ?

借地権とは、簡単に言うと、『建物を建てるために土地を借りる権利』です。
通常、建物を建てる為には建物を建てるための土地が必要で、その土地を利用する権利(権原)が必要です。
この権利(権原)が、自分が所有している土地(所有権)なのか、地主さんから借りている土地(借地権)なのかに分かれます。まったく権利(権原)がないのに、建物を建てたらそれは不法占拠で違法行為となってしまいます。借地権とは、借地権という権利を有していることで、建物を建てることができる。ということです。
この権利は不動産上の財産であり、売買することができます。
借地権とは何か?どういった権利なのかしっかり把握

借地権の買取りには地主さんの承諾が必要

借地権という権利を譲渡(売買)する際には、地主さんの承諾が必要です。地主さんとしては、土地を借りている人(借地権者、土地賃借人)が変わるわけですから、地主さんの知らないうちに無断で借地権を譲渡されては困るということです。借地権の契約書(土地賃貸借契約書)にも、借地権を譲渡する際には事前に地主さんの承諾が必要な旨の記載があることが一般的です。
この承諾に対する対価として、地主さんに『譲渡承諾料』を支払います。

譲渡承諾料っていくらかかるの?

上記のとおり、借地権の買取りにあたり、地主さんに承諾を得ることが必要です。この承諾に対する対価として地主さんに譲渡承諾料を支払います。
譲渡承諾料の相場は『借地権価格の10%』と言われております。
しかし、法的に明確に定めがあるわけではありませんので、地主さんとの協議・合意によって譲渡承諾料を決定する必要があります。

借地権の買取りは進め方が大事

借地権の売却には地主の承諾が必要になってきます。どういったところに注意が必要なのか解説します。

借地権の買取りには地主さんの意向が重要!

借地権は法律的にも実務的にも売却は可能ですが、手順を誤ってしまうと地主さんとトラブルに発展してしまうケースがあります。
そういった状況を回避するためにも地主さんとの円滑なコミュニケーションが必要です。普段からよくコミュニケーションをとっている地主さんであれば、まずは地主さんと相談しましょう。
ここで重要なのは適切な手順・方法をきちんと理解し、借地権者さんの希望や地主さんの意向・要望を確認しながら、借地権買取りを進めることです。
もし、地主さんの意向・要望を無視して借地権買取りをすすめてしまうと、前述した地主さんからの『承諾』を得ることが困難となり、借地権買取りを進めることが難しくなってしまいます。

借地権の買取りには専門会社に相談することが大事!

不動産会社の中でも借地権の買取りに特化している不動産会社にご相談されることを強くお勧めします。
借地権の買取りは、借地権特有の売買条件や地主さんとの交渉内容・交渉方法が最も重要です。
借地権の取り扱いに関するノウハウがない不動産会社に依頼すると、後々地主さんとトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。例えば、借地権買取りを進めていて、売買契約締結してから地主さんの承諾を得ればいいと考えている不動産会社もいるのです。売買契約を締結したものの、地主さんの承諾が得られないので、借地権買取りを進められない…このような場合、それまでの時間が無駄になるだけではなく、借地権者さんと地主さんとの関係も悪化してしまうこともあります。

借地権の買取り相談は、専門会社が集まっている『お困り不動産どうする?』へ

『お困り不動産どうする?』には、借地権買取りの専門会社が集まっています。偏に借地権に精通した不動産買取会社を探すと言っても、インターネットを検索して一から探すのはすごく大変です。
また、あまりインターネット等で広告を出稿していない会社さんも多いです。
当サイトでは、そんな借地権専門の買取り会社を集め、一度に数社を紹介・比較することが可能です。借地権の取扱いに長けている不動産会社さんとの出会いをマッチングさせます。是非、ご活用ください。

不動産会社が借地権を買取る場合の進め方

不動産会社に借地権を買取ってもらうメリット

借地権者さんが借地権を売却したいと考えた際、借地権の売却先は大きく分けて2つしかありません。

地主さんに買取りしてもらうケースは後述いたします。借地権を買取りする第三者には、一般ユーザーの方や不動産会社もここに含まれます。
借地権を不動産会社に買取ってもらうメリットは以下のとおりです。

  • ①現金化までのスピードが速い。
  • ②地主さんと険悪な状況でも売却が可能。
  • ③条件・状況によっては高い金額で売却できる。

以下に、それぞれのメリットを解説していきます。

①現金化までのスピードが速い

借地権を不動産会社に買い取ってもらうメリットとしては、まず、現金化までのスピードが速いことが挙げられます。
借地権を第三者に売却する場合、地主さんの承諾が必要となります。この承諾を得るにあたり、地主さんとの借地権譲渡に関する条件を調整する必要があります。
一般の方に借地権を売却する場合、この借地権上に関する条件調整した後、購入検討者を探すという動きをしなければなりません。不動産会社が借地権を買取る場合、まず、この購入検討者を探すという動きが不要となります。
また、借地権を専門に取り扱う不動産会社は、借地権に関する関係法規について精通しており、地主さんとの借地権譲渡条件交渉が早く進むことがあります。この2点において、現金化までのスピードが速いと言えるでしょう。

②地主さんと険悪な状況でも売却が可能

借地権を第三者に売却する場合、地主さんの承諾が必要となります。
中には、この承諾を得られない地主さんもいらっしゃいます。過去の地主さんと借地権者さんの間でトラブルがあったケースや現在進行形でトラブルがあるケースなど、事情は多岐にわたりますが、地主さんと関係が悪化している借地権が存在します。
この様な借地権を売却する場合、一般の方に売却するのは困難です。内容にもよりますが、この様な借地権でも借地権に精通した不動産会社は買取ることができます。

③条件・状況によっては高い金額で売却できる

不動産会社に買取してもらうと、安く買い叩かれるという印象をお持ちかと思います。
少なからず、一般の方に売却するよりも安くなるとお考えの方はいらっしゃるのではないでしょうか。金額面だけ考えると確かに不動産会社が買取りする場合、安くなる傾向があります。
しかし、仲介会社に借地権の売却を依頼したとしても、一般のエンドユーザーさんに購入検討者が現れない場合、仲介会社は買取できる不動産会社に購入検討依頼を行うことが多いです。
つまり、仲介会社に借地権の売却を依頼しても、結局、借地権の買取をする不動産会社に買い取ってもらうことになることがあるということです。
この場合、仲介会社に支払う仲介手数料分、高い金額で売却できる可能性があるということです。また、借地権に限らず、不動産の最有効利用用途によっては、一般の方より不動産会社の方が高く買取りができることがあります。

不動産会社が借地権を買取りする価格相場について

不動産会社が借地権を買取りする場合、買受人となる不動産会社がどのような事業を想定しているのかというと、不動産会社は借地権を買取りし、事業を行い、収益をあげることを目的としております。
一般的には、借地権という不動産としての最有効利用を検討することとなります。
例えば、借地権付新築戸建分譲や中古戸建としての事業、アパートのような共同住宅を建築する事業も想定あるでしょう。
また、商業性がある地域などでは、マンションやビルなどの開発事業も想定できると思います。
つまり、不動産会社は、借地権という不動産を最有効利用できる事業を想定し、事業に見合う金額で借地権の買取を行うこととなります。
不動産会社の買取価格は、借地権割合や取引相場によって簡易的に査定できるものではなく、想定事業を検討・検証し、これに見合った金額で買取を行うということです。
また、前述したとおり、不動産会社は借地権という不動産の最有効利用を検討・検証するわけですが、借地権である以上、地主さんの承諾が必要となり、不動産会社が想定する事業に関し、地主さんとの借地権譲渡条件を調整する必要があります。

不動産会社が買取る場合の地主さんとの借地権譲渡条件

  • ①借地権譲渡承諾
    →借地権を第三者(不動産会社)に譲渡することに対する承諾です。
  • ②建替え承諾(増改築承諾)
    →借地権の譲受人である不動産会社が、現況の建物の建替えもしくは増改築を前提に事業を想定している場合、建替えもしくは増改築の承諾が必要となります。
  • ③借地権(再)譲渡承諾
    →借地権の譲受人である不動産会社が、第三者への売却(再譲渡)を前提に事業を想定している場合、現借地権者から不動産会社、不動産会社から第三者への借地権の譲渡について、地主さんの承諾を得る必要があります。
  • ④借地条件変更の承諾
    →現況建物の建替え等を行い、借地条件が変更となる場合、条件変更について承諾が必要となります。よくあるケースとしては、旧法借地権において、非堅固建物所有目的(木造建物)から堅固建物所有目的(RC造など)に建替えを行う場合など、借地条件の変更がある場合、この承諾が必要となります。
  • ⑤その他不動産会社の想定する事業に関連する条件
    →借地期間更新や抵当権設定承諾など、不動産会社の事業想定に関連し、地主さんの承諾が必要となります。

上記①~⑤に関連し、買取する不動産会社が、どのような事業を想定しているのかにより、地主さんからの承諾内容やその条件が変動いたします。

注意点としましては、上記①~⑤を包括的に地主さんとお話し合いを行うことが必要となることです。
例えば、借地権の譲渡(売ること)だけを地主さんから承諾が得られているとしても、今後予定している建替え等に関し、地主さんの承諾が得られていないのであれば、不動産会社としては事業が成り立たず、買取りすることが困難になってしまします。
信頼できる不動産会社を見つけ、包括的に地主さんとお話し合いを行うことにより、借地権譲渡条件を調整し、不動産会社が提示する買取金額を実現できるようにすることが大切です。

不動産会社が借地権の買取を行う流れ

不動産会社の借地権買取りにあたり、大まかな流れは以下のとおりです。

  1. ①借地権者さんより、不動産会社に借地権買取査定依頼。
    →借地権に精通している、実績のある不動産会社に依頼することがお勧めです。
  2. ②不動産会社による借地権に関する不動産調査
    →借地権は不動産です。一般的な不動産調査と同様に、不動産としてどのような利用が最も有効なのかを調査します。役所・法務局等の調査や現地調査などを行います。
  3. ③地主さんとの借地権譲渡条件の話し合い・交渉
    →地主さんの希望・要望や不動産会社の事業想定に基づき、地主さんとの借地権譲渡条件の調整を行う。進め方によっては、上記②と順番が前後することもあります。
  4. ④借地権者さんと不動産会社との間で、借地権付建物売買契約書締結
    →地主さんとの借地権譲渡条件調整後、借地権者さんと不動産会社との間で、売買契約を締結します。
  5. ⑤決済・引渡し
    →地主さんとの借地権譲渡条件及び借地権者さんと不動産会社との売買契約に基づき、決済(引渡し)を行います。
  6. 不動産会社が借地権を買取る際の注意点

    不動産会社が借地権を買取る場合、地主さんとの借地権譲渡条件の調整が大切となります。地主さんとの関係性により、任意の承諾等が得られないことがあったり、また、地主さんとの交渉の進め方によって、関係が拗れてしまうことがあり得ます。地主さんとの条件交渉には、専門的な知識と経験、実績などが必要となりますので、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。

地主さんが借地権を買取る場合

地主さんが土地を取り戻したいと思う事柄

  • ■自分で土地を利用したい。使いたい。
  • ■自分で土地を有効活用したい。(アパートやマンションなど)
  • ■家族、親族を住まわせたい。
  • ■借地契約が煩わしく、次世代に残したくない。完全な所有権の土地として残したい。

などなど…

地主さんが“土地を取り戻したい”を考えた場合、借地権という権利を地主さんが買取る必要があります。
地主さんからしてみれば、貸した土地を返してもらうだけなのに、なぜお金を払わなければいけないのか。と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

しかし、借地権という権利は、借地借家法の適用をうけ、借地権者を保護する法律となっています。
また、借地権自体は他人に売買することができる財産です。このことから、地主さんが土地を取り戻そうと思ったときに、借地権者の財産である借地権を買取ることになる。ということです。

地主さんが借地権を買取る価格の相場について

地主さんが借地権を買取る場合は、国税庁の相続税路線価図記載の借地権割合を参考にします。

路線価図には、A~Gのアルファベットが記載されており、このアルファベットが借地権割合を意味しています。
繁華街や駅前の土地は、土地利用の権利である借地権の価値が大きくなる傾向があります。
(Aが借地権割合90%、Gが借地権割合30%、10%刻み)借地権割合がD(60%)のエリアでは、完全な所有権を100%として、借地権が60%、底地が40%ということとなります。

つまり、借地権価格が60%のエリアでは、更地価格×60%が借地権の評価額といえるでしょう。
地主さんが借地権を買取るということは、地主さんと借地権者との借地権売買契約となります。売買契約である以上、お互いの合意が必ず必要となります。
上記の評価額で合意できるケースもあれば、交渉によって価格の増減が考えられます。また、価格以外の諸条件も調整する必要があります

地主さんが借地権を買取る場合の諸条件

  • ①借地権上の建物について
    →借地権上の建物は借地権者さんのものです。一般的には、借地権者さんが借地権上の建物を解体して更地にして地主さんに引渡すことが多いです。しかし、地主さんの事情や借地権者さんの事情により、建物付のまま引渡すこともあります。このことはお互いに合意の上で進めることとなります。
  • ②土地賃貸借契約の解約日
    →土地賃貸借契約の解約日をいつにするのかです。これは意外と重要なポイントです。一般的には、地主さんと借地権者さんの売買契約の決済(引渡し)を以って、地主さんと借地権者との土地賃貸借契約関係が解消となり、合意解約することになります。
  • ③売買代金の支払い時期
    →売買代金をいつ支払うのか。ということです。
    一般的な売買契約では、契約締結時に手付金(売買代金の5%~10%)を支払い、売買契約の決済時(引渡し時)に残りの残金を支払うこととなります。
    しかし、上記①の建物解体がある場合、例えば、借地権者さんが建物解体費用を事情により捻出できないなどの理由により、売買代金の中から解体費用分を手付金や中間金などの名目により、先に支払うことも考えられます。このあたりは、地主さん、借地権者さんのお互いの事情を鑑み、合意・決定しておく必要があります。

①~③に関連し、注意点として、いつ建物の解体をするのか、いつ土地賃貸借契約が解約となるのか、いつ代金の支払いがあるのか。この3点の関係性は非常に重要です。
たとえば、地主さんと借地権者さんが売買契約を締結し、解体を始めたが、途中で地主さんが「やっぱりやめたい。」と言ったとします。
この場合、借地権の重要な要素である建物が解体されてしまっていることは、借地権者さんにとって非常に不利な状況となります。このあたりの関係性について、専門家(不動産、弁護士等)にご相談されることをお勧めします。

地主さんが借地権を買取る場合の流れ

地主さんが借地権を買取る場合の流れは、大まかに以下のとおりです。

  1. ①地主さんから借地権者さんに、もしくは、借地権者さんが地主さんに、地主さんが借地権を買取ることについての打診。
    →どちらが借地権の売買・買取について打診を行うのか、これは、今後の交渉に影響する可能性が高いです。
  2. ②地主さんと借地権者さんの間で、金額含む各条件交渉
    →当事者間で交渉することができたとしても、この後に行う契約書等の取り纏めがあるので、専門家(不動産会社・弁護士等)にご相談しながら進めることをお勧めします。また、金額や条件の妥当性を諮る意味でも、専門家に相談することは有効です。
  3. ③お互いに合意した内容にて契約書締結
    →契約書は、互いの約束事を記載している重要なものです。合意した内容や法的な取り決め、取引慣習を踏まえ、専門家等にご相談することをお勧めします。
  4. ④決済・引渡し
    →上記③で取り決めた(締結した)契約書に基づき、決済・引渡しを行います。

地主さんが借地権を買取る際の注意点

地主さんが借地権の買取りを行う場合、その資金計画に注意が必要です。手元の自己資金で解決できれば問題ありませんが、資金計画に金融機関等からの融資を検討する場合、事前に金融機関等に相談することが大切です。
資金用途によって、ローン商品が異なりますので、地主さんが借地権を買取った後、どのような用途にて利用するのか、金融機関等と詳細な打ち合わせが必要です。
また、地主さんと借地権者さんとの売買契約である以上、前述した通り、お互いの合意が必要です。合意を得るために交渉を行うことになりますが、あまり自分本位な交渉をしてしまうと、売買内容に合意ができず、話しが流れてしまうばかりか、地主さんと借地権者さんの関係悪化につながります。このあたりを十分注意しながら、進めることをお勧めします。

まとめ

借地権の売却は、権利関係がやや複雑でトラブルになってしまうケースもありますが、地主さんの意向に沿って進めることができれば、面倒な状況は回避できます。地主さんが元々売却に対して反対の立場をとっている時や、本人同士の話し合いが困難な時には、不動産業者に依頼をすると良いでしょう。

今回解説したケースのように、借地権の買取に長けた不動産業者は、地主さんに対してもていねいな対応をおこない、結果的に高額でスムーズな売却を実現していきます。一般的な不動産業者では売却額が安くなりやすく、買い手がみつかるまでの期間が長期化してしまいがちな借地権に関しても、専門的な知識や経験を持った不動産業者に買取を依頼すれば、スムーズに進みやすいです。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

よくある質問

地主への交渉がまだですが買取してもらうことはできますか?
当社で取り扱う不動産会社さまであれば、買取をしてもらうことが可能です。
手続きとして、当然地主さまへの交渉が伴いますが、面倒な調整もしてもらえる不動産会社を紹介しております。
細かな不明点がございましたら、事前に無料で当社コンシェルジュサービスをご活用ください。

【どうするコンシェルジュサービス】
電話番号:03-6432-5932

どのような買取会社にお願いをしてよいかわからない
当社では、実績が15年以上ある会社様や年間1000件以上の相談をこなす不動産会社さまをご紹介することが可能です。

細かな不明点がございましたら、事前に無料でコンシェルジュサービスをご活用いただき確認をしていただけましたら幸いです。

買取できるか事前に相談(無料)できますか?
可能です。可能です。当社コンシェルジュサービスは、単純な取次ではなく、過去に不動産業へ従事したスタッフが相談を賜っております。
お客さまの希望に最も適した方法でのご案内が可能ですので、ぜひご相談ください
地主さんに相談していることがバレることはありますか?
ございません。お客さまの許可なく直接地主様へ交渉するなどそのような対応する不動産会社は当社では掲載を行っておりません。
近隣に地主さまが住まわれスーツでの来客は困るなどございましたら、事前にご相談ください。
細かな不明点は事前に当社コンシェルジュサービスをご活用いただければ疑問にお答えさせていただきます。


「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

★“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
★仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の“直接買取”に強い会社のみを掲載

★仲介会社に依頼したが全然進まない。
★仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

★どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
★何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

★実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
★査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。

▼ あらゆる不動産売却を早く・高く

関連記事

  • 個人が地主の借地権・底地の同時売却 メリットやタイミングを解説個人が地主の借地権・底地の同時売却 メリットやタイミングを解説 同時売却ってそもそもなに? 借地権・底地の同時売却とは、借地権者様が所有する借地権(付建物)と地主様が所有する底地を一緒のタイミング(同時に)で第三者に売る(売却)ことをいいます。業界用語で、底借同時(売却)といわれることもあります。 同時売却は、買う側(同時売却にて取得する方)にとっても、売る側(借地権者・地主)にとっても、メリットがある売却方法です。 同時売却のメリット <買う側> […]
  • 借地権の相場を徹底解説|本来の価格とマイナス要因とは借地権の相場を徹底解説|本来の価格とマイナス要因とは 借地権の相場はどのくらい? 借地権付き建物の媒介を依頼する際の相場の目安について紹介します。そして、なぜ?借地権付き建物の取引価格が変動してしまうのか簡単に紹介します。 借地権の相場を手っ取り早く知りたいという方もいらっしゃるかと思いますが、現実的には相場額を算出するのは、それほど簡単なことではありません。神奈川県宅建協会が公表している見解を一つのヒントにするならば「理想の不動産価格の半額プラスアルファ」が目安になります。 取引価格の相場が立てづらい根拠や、本来の価格の算出方法について紹介します。 借地権付き不動産の価格に明確な基準はない! […]
  • 底地が国有地の場合は売れるの?手続きや流れなどを解説します。底地が国有地の場合は売れるの?手続きや流れなどを解説します。 底地を持っている地主さんが個人の方・企業・お寺などのケースが大半となりますが、国(大蔵省・財務省)や地方公共団体(東京都等)などが底地権者となっているケースがございます。有名な例で「森友学園」の問題が昨今国会などで審議されておりますが、これも国有地を学園側が借地として借り上げ、将来的に買い取る事を目指していたとされています。 相続時に地主側が底地を物納した例(相続税の納税による物納)などでは、国や地方公共団体が底地権者となっているケースが多々あるようです。 底地を買えるかは地主によって変わる 底地を持っている地主さんが個人の方・企業・お寺などのケースと国 […]

借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら
「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、ドウスル株式会社が運営する「不動産売却査定専門サイト」です。一戸建てやマンション、アパート、土地、ビル、借地権、再建築不可、事故物件などのあらゆる不動産売却査定を、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。権利関係でお悩みの方、特殊物件が売れるのかどうか知りたい方、相続した不動産や資産整理に伴う売却など買取先をお探しの方もまずはお気軽に完全無料の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。