戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「不動産売却どうする」

借地権の更新料の計算方法及び更新料は支払わなければならない?

旧法、新法の更新期間の違いや、更新料の計算方法など借地権の更新に関して詳しく解説。

また、契約期間に定めがなかった場合の期間など解説しています。

物件種別 借地権

借地契約の更新について

借地契約の更新について
旧法借地権においては、契約期間満了と共に地主さんに更新料を支払い借地契約の更新を行うことができます。
地主さんとしては、契約満了と共に借地の更新をせずに、更地にして返して欲しいと思われるかもしれませんが、借地権者側が借地の更新を希望していたり、借地権付き建物が現存している場合は、原則更新を行わなければなりません
やはり借地権者の住居などを奪うことになってしまうので、相当な正当事由が地主側にない限りは、更新拒絶は認められないでしょう。
そこで、更新料をもらうことで借地契約の更新を行う慣習となっております。※定期借地権の場合は、契約満了と共に借地権は消滅し更新を行うことはできません。

ただし法律的に支払い義務が生じる訳ではありません。あくまでも地主と借地人側の合意に基づき決められる事項となっております。大半は借地権における契約書に更新料の支払いついて記載がされているはずなので、まずは契約書の確認が必要です。契約書などが存在せず、口約束によって更新の取り決めをしている場合、そして地主が代替わりしている場合などはどのような約束であったか定かではありません。いきなり地主さんから更新料の請求をされどうすれば良いのか分からないといった悩み・トラブルも多く発生しているようです。

上記のような場合においても、法律的には支払い義務はありません。建物が現存している場合は、法定更新されます。しかし、今後何十年と地主さんと付き合っていかねばなりませんので円満解決するように適正な更新価格であるのならば、支払いに応じて契約の更新をした方が賢明かと思われます。そして今後のトラブルを未然に防ぐ為にも更新契約書を作成することをお勧め致します。こういった問題は法律事務所(弁護士)の業務となりますので、お困りのことがございましたら弁護士さんにご相談されると良いでしょう。

旧借地法の契約期間と更新期間

当事者間で契約期間についても協議を行う形となりますが、法律で期間が定められております。

旧法借地権
堅固建物 非堅固建物
最初の
契約期間
契約期間 30年以上 20年以上
契約期間の定めがない場合 60年 30年
更新後の
契約期間
契約期間 30年以上 20年以上
契約期間の定めがない場合 30年 20年

普通借地権(新法)の契約期間及び更新期間

新法借地権
堅固建物 非堅固建物
当初の
存続期間
存続期間 30年以上
契約期間の定めがない場合 30年
更新後の
存続期間
存続期間 1回目20年以上
以降の更新10年以上
契約期間の定めがない場合 1回目20年
以降の更新10年

なお、当事者間でこれよりも長い期間を定めた場合は、その長い期間が優先とされます。逆に短い期間(5年や10年)は借地権者に不利な特約とされ無効となります。

更新料の計算方法

更新料は、その地域や慣習、個別事情、地主・借地人双方の取り決めにより異なります。一般的には、「更地価格×2%~5%程度」とされておりますが、自己利用価値の高い都心部になるほど更新料が高くなる傾向がございます。

更地の評価額は、路線価に土地の面積をかける事で算出できます。460Cとなっている場合、50平方メートルの土地の評価額は、460千円×50平方メートル→2,300万円となります。
参考リンク:財産評価基準書|国税庁

【記事執筆・監修】

お困り不動産どうする ドウスル株式会社 コラム編集部

不動産業界に10年以上携わり、借地権・底地・再建築不可などの特殊物件に精通したプロが執筆しています。どこに相談したらいいか分からない、不動産トラブルについて詳しく解説しているサイトがない、こういったお悩みに寄り添うべく、お役立ち情報・新鮮な情報・トレンドを随時発信していきます。

【記事執筆・監修】

お困り不動産どうする
ドウスル株式会社 コラム編集部

不動産業界に10年以上携わり、借地権・底地・再建築不可などの特殊物件に精通したプロが執筆しています。どこに相談したらいいか分からない、不動産トラブルについて詳しく解説しているサイトがない、こういったお悩みに寄り添うべく、お役立ち情報・新鮮な情報・トレンドを随時発信していきます。


あなたにピッタリの不動産会社が見つかる!

土地、マンション、戸建て、借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却など不動産種別毎の多様な悩みに合わせて数々の企業の中からお客様に最適な不動産会社をご紹介することができます。
なぜ、最適な業者を選定しなければならないのか?それは、不動産会社にも得手不得手があるからです。
もし、不得手な不動産会社に相談してしまったら...断られる・査定価格が低くなってしまう、最悪の場合、仲介手数料を支払って買取業者に買ってもらうなんていうケースもありえます。それを回避するのが【不動産売却どうする】

関連記事

  • 【借地権の売却】売却先の候補や流れを解説!【借地権の売却】売却先の候補や流れを解説! <簡単におさらい!借地権とは?> 建物の所有を目的とする、「地上権」又は「土地の賃借権」の事を言います。 地上権地主の承諾なしに第三者へ譲渡・売買したり建替したりすることが可能。地上権を売却することも可能。土地や建物を担保とする抵当権も設定可能。また、所有者に対して、登記の請求もできます。 賃借権現在流通している借地権のほとんどが貸借権となっている。契約の範囲で土地を使用する代わりに賃料を支払う義務がある。民法上では債権に当たり、借主は貸主の承諾なく土地や工作物を譲渡・売買することができない。 地上権と賃借権の違いをまとめる […]
  • 借地権の相場を徹底解説|本来の価格とマイナス要因とは借地権の相場を徹底解説|本来の価格とマイナス要因とは 借地権の相場はどのくらい? 借地権付き建物の媒介を依頼する際の相場の目安について紹介します。そして、なぜ?借地権付き建物の取引価格が変動してしまうのか簡単に紹介します。 借地権の相場を手っ取り早く知りたいという方もいらっしゃるかと思いますが、現実的には相場額を算出するのは、それほど簡単なことではありません。神奈川県宅建協会が公表している見解を一つのヒントにするならば「理想の不動産価格の半額プラスアルファ」が目安になります。 取引価格の相場が立てづらい根拠や、本来の価格の算出方法について紹介します。 借地権付き不動産の価格に明確な基準はない! […]
  • 借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方 借地権売却時の査定を依頼する前のポイント 借地権売却を考えている方で、これから査定を依頼しようとしている方は、売却後に「失敗した!」とならないために、依頼前にどのようなことに注意をしたら良いのかを理解しておくとがポイントです。 不動産売却の査定の重要性は言うまでもないことですが、借地権の場合には特に査定額の変動要因が大きいので、不動産業者の選び方などが非常に重要です。 そこで、今回は借地権の売却における適切な査定方法と、借地権に強い不動産業者の選び方について案内します。 借地権の査定方法は一般的な不動産と同様 […]