戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

【完全無料】家の価格を調べる

売れない借地権を売るには?売却相手3パターンと借地権のメリット

借地権付き建物は売りたいと思っても、なかなか売れないものだと思われていませんか?

確かに借地権は扱いが少し複雑なので、希望額とほど遠い査定額が不動産業者から提示されたり、売りに出しても一向に買い手がつかなかったりすることもあります。

今回は、借地権付き不動産の買い手となる3つの相手方と、それぞれの対処方法について解説します。

おすすめ記事 借地権 物件種別

借地権付き建物を売る3つの相手方

不動産を手放す際には第三者に売るケースが最も一般的です。基本的には売り手も買い手も不動産に関しての専門家ではないので、不動産業者に仲介してもらって、トラブルが起こらないよう円滑に進めるという流れです。「売れない」と嘆いている借地権が売れるように、参考にしていただけたら幸いです。

では借地権付き建物は、どのような相手に売れるのでしょうか?3つのパターンを確認してみましょう。

地主さんに売却する

最も円滑に進みやすいのは、地主さん相手に借地権を売却するパターンです。売買が成立した場合、地主さんが土地と建物の両方の権利を持つことになるので、一般的な不動産として自由に売却・管理・運用(建て替えや改築など)をおこなえるようになります。いわゆる地主さんが不動産の「所有権者」となる状態です。

地主さんとの関係性にもよりますが、地主さんにとってもメリットが得られる可能性が高いので、希望額で買い取ってもらえる可能性も少なくありません。地主さんに買い取ってもらうのが最もスムーズな方法であるともいえます。

しかしながら、以下のような理由により地主さんが買取を拒否するケースもあります。

  • ■地主さんが借地権を買い取るだけの現金を持っていない
  • ■地主さんが地代による定期的な収入を望んでいる
  • ■個人間の関係が悪く、相談に応じてもらえない

いずれにしても、借地権付き建物の運用を変更する際には、必ず地主さんの意向を確認しなければなりません。そして、地主さんに売却するにせよ、その他の方法で売却を目指すにせよ、地主さんの承諾を得る必要があります(どうしても地主さんの承諾が得られないときには、裁判を経て強制的に承諾を得ることもできますが、その場合には不動産価格が大きく下がってしまう可能性が高いです。また、裁判が終了するまで売却できないため、売却が完了するまでに+αの期間がかかってしまいます)。

なお、借地権を地主さん以外に売却する際には、地主さんに対して譲渡承諾料を支払うのが一般的です。譲渡承諾料は、借地権価格の10%が相場ですが、双方の取り決めによって確定します。

不動産業者に買い取ってもらう

借地権付き建物を不動産業者に買い取ってもらう方法もあります。当然ですが、不動産業者に買取を依頼するケースでも、地主さんの承諾は必須です。

ただし、不動産業者に買取を依頼するケースでは、地主さんと当人同士で話し合いをするケースと比べて以下のメリットがあります。

  • ■不動産の専門知識を持った方が地主さんとの話し合いを進めてくれる
  • ■地主さんの不安を解消したりデメリットが生じたりしないように、不動産業者からプランを提示することにより、地主さんとの関係を良好に保つことができる

さらに、不動産業者が直接買い取ってくれることは、以下のメリットもあります。

  • ■早期に不動産を現金化できる
  • ■高く売れる(扱いが難しいと言われる借地権付き建物でも、実績が豊富でノウハウを持っている不動産業者であれば、高く買い取ってもらえる可能性があります)
  • ■後のトラブルの危険性が少ない
  • これらのメリットを最大限に享受するには、借地権付き建物の扱いに長けた不動産業者に依頼をすることが重要です。不動産業者の探し方については「借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方」にて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

    個人の第三者に売却する

    借地権付き建物を個人の第三者に売却する方法もあります。

    個人の第三者に売却する場合、ごく親しい身内の方などに直接売却するケースを除いて、基本的には不動産会社に仲介を依頼します。仲介のケースでも不動産業者が地主さんに対して、承諾や条件の調整に関して調整をおこなってくれる点は買取の場合と同じです。

    買取の場合と大きく異なるのは、買い手が個人の第三者であるという点です。個人の第三者が買い手ということから以下の点に注意する必要があります。

    ・買い手が見つかるまで販売期間が長くなってしまうことがある
    ・借地権の購入の場合、金融機関において住宅ローンの申請が通りにくいことがあり、その結果売却がスムーズに進まないことがある
    ・地主さんが抵当権の設定を認めないケースでは、住宅ローンを利用しての売却ができない
    ・仲介手数料と別に、地主さんとの交渉に関する手数料がかかるケースがある(イレギュラーなパターンなので、実際に請求されるか否かは不動産業者との協議による)
    ・借地権付き建物は一般的に避けられがちな物件なので、価格が安く抑えられる傾向にある

    借地権付きの物件が仲介で売れるか売れないかは不動産業者の営業力にもよりますが、立地が良く建物が新しい物件の場合には借地権付き建物でもスムーズに売却が進むことがあります。

    家や土地を売りたい!不動産売却をお考えの方
    専門アドバイザーが、不動産会社探しをサポート

    安心できる会社に代理で査定依頼
    お困り不動産どうするが認定した優良不動産会社の中から、中立的な立場でご紹介し、お客様に代わって査定を依頼します。
    わからないことや不安を解消できる
    売却の一般的なことや、売却の流れについてなどわからない・不安なことを、不動産売却の専門アドバイザーがお答えします。
    ご相談・ご利用は何度でも無料
    査定依頼やご相談は完全無料です。何度でもご利用いただけます。お客様の不動産売却を親身にサポートいたします。
    「お困り不動産どうする」
    コンシェルジュサービス
    不動産売却 専用電話番号

    tel03-6432-5932

    受付:10:00〜19:00(平日のみ)

    対応エリア:
    東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫

    借地権を売りたい時に知っておきたい借地権購入のメリット

    借地権を売りたいと思っている方なら、元々借地権付きの建物に住んだり運用したりされていたはずなので、借地権付き建物のメリットは十分にご存知かと思います。しかし、いざ売りたいときに、メリットを的確に買い手の方に伝えるのは難しいものです。

    「借地権が売れない」と悩んでいる際には、一度原点に立ち戻って購入者側から見た借地権付き建物のメリットについて検証してみましょう。

    メリット①固定資産税がかからない

    不動産を購入して所有した場合には、通常、固定資産税が毎年かかります。固定資産税の金額は土地の評価額や面積、用途などによって異なりますが、借地権の場合は土地を所有しているわけではないので、固定資産税はかかりません。

    借地権の購入の際には、地代を支払わなければならないというデメリットが大きく注目されがちですが、固定資産税も金額としては決して小さな額ではありません。

    メリット②不動産価格が安い

    借地権の不動産は、価格が一般的な相場よりも安く抑えられます。従って、所有権付きの物件なら絶対に手が届かないエリアの物件でも、借地権付き建物であれば十分に手が届くことはよくあることです。

    仲介で不動産を売りに出す場合には、利益がしっかりと確保でき、なおかつ顧客が心を惹かれるような価格設定をすることが重要です。

    まとめ

    不動産は「売りたい」と思ってもなかなか思うように売れないことが珍しくありませんが、借地権付き建物の場合にはその難易度はさらに高まります。ましてや、運用が難しい借地権付き建物では尚更です。

    この記事では、借地権を売る際の3つのパターンと借地権購入の2つのメリットを解説しました。

    売却の相手方によってそれぞれ特徴や注意点がことなるので、現在の売り方に合った業者や売り方をきちんと選ぶことが重要です。また、オーナーさんと個人的に親しい間柄の関係にある方を除けば、スムーズな売却のためにカギになるのは不動産業者です。

    借地権の取り扱い実績が豊富で、知識やノウハウに長けた不動産業者を選べるように、情報収集などを進めていきましょう。

    監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

    よくある質問

    借地権を売却した際、現金化できるまでどのぐらいの期間が掛かりますか?
    地主さんとの譲渡条件の調整がスムーズに行えた場合は一か月程度とお考え下さい。
    複数の会社からの営業電話が心配・・・。
    当サービスは、お客様ご自身で不動産会社を選定し査定依頼を送信していただくため、意図しない不動産会社から営業電話が来ることはございません。

    また、選んでいただいた業者からしつこい営業電話などがあった場合には弊社にご連絡いただければ対応いたします。
    借地権は取り扱えないと、他の不動産会社に言われましたが大丈夫ですか?
    当サービスは、お困り不動産を専門に手掛けているプロ集団の集まりです。断られた物件でも柔軟に対応できると自負しております。
    詳しくはコンシェルジュサービスよりご相談ください。
    借地権を売却する相手先はどういったところがありますか?
    地主、個人や法人などの第三者、不動産買取会社です。
    借地権の売却・購入にかかる諸経費や負担って一般的に何がありますか?
    売主側:譲渡承諾料、測量費、契約不適合責任(瑕疵担保責任)、仲介手数料など
    買主側:建て替え承諾料、ローン承諾、登記費用、不動産取得税などです。
    ※譲渡承諾、建て替え承諾、ローン承諾これらを地主さんから取得できない場合には個人などの第三者への売却は難しくなり、売却先候補としては買取会社1択となってしまいます。

    家や土地を売りたい!不動産売却をお考えの方
    専門アドバイザーが、不動産会社探しをサポート

    安心できる会社に代理で査定依頼
    お困り不動産どうするが認定した優良不動産会社の中から、中立的な立場でご紹介し、お客様に代わって査定を依頼します。
    わからないことや不安を解消できる
    売却の一般的なことや、売却の流れについてなどわからない・不安なことを、不動産売却の専門アドバイザーがお答えします。
    ご相談・ご利用は何度でも無料
    査定依頼やご相談は完全無料です。何度でもご利用いただけます。お客様の不動産売却を親身にサポートいたします。
    「お困り不動産どうする」
    コンシェルジュサービス
    不動産売却 専用電話番号

    tel03-6432-5932

    受付:10:00〜19:00(平日のみ)

    対応エリア:
    東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫

物件の評価や権利調整が得意な不動産会社を無料で探せます。 不動産会社に無料で問合せをする

相談は何度でも無料
わからないことや不安を解消。 コンシェルジュに相談する


「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

★“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
★仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の“直接買取”に強い会社のみを掲載

★仲介会社に依頼したが全然進まない。
★仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

★どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
★何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

★実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
★査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。

▼ あらゆる不動産売却を早く・高く

不動産の売却価格は不動産会社選びで決まります。 不動産会社を無料で探す

相談は何度でも無料
わからないことや不安を解消。 コンシェルジュに相談する

関連記事

  • 借地権売買の相場を徹底解説|本来の価格と価格のマイナス要因とは借地権売買の相場を徹底解説|本来の価格と価格のマイナス要因とは 借地権売買の相場はどのくらい? 借地権付き建物の売買を依頼する際の相場の目安について紹介します。そして、なぜ?借地権付き建物の売却価格が変動してしまうのか簡単に紹介します。 借地権売買の相場を手っ取り早く知りたいという方もいらっしゃるかと思いますが、現実的には相場額を算出するのは、それほど簡単なことではありません。神奈川県宅建協会が公表している見解を一つのヒントにするならば「理想の不動産価格の半額プラスアルファ」が目安になります。 売買価格の相場が立てづらい根拠や、本来の価格の算出方法について紹介します。 借地権付き不動産の売買価格に明確な基準はない! […]
  • 借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方 借地権売却時の査定を依頼する前のポイント 借地権売却を考えている方で、これから査定を依頼しようとしている方は、売却後に「失敗した!」とならないために、依頼前にどのようなことに注意をしたら良いのかを理解しておくとがポイントです。 不動産売却の査定の重要性は言うまでもないことですが、借地権の場合には特に査定額の変動要因が大きいので、不動産業者の選び方などが非常に重要です。 そこで、今回は借地権の売却における適切な査定方法と、借地権に強い不動産業者の選び方について案内します。 借地権の査定方法は一般的な不動産と同様 […]
  • 個人が地主の借地権・底地の同時売却 メリットやタイミングを解説個人が地主の借地権・底地の同時売却 メリットやタイミングを解説 同時売却ってそもそもなに? 借地権・底地の同時売却とは、借地権者様が所有する借地権(付建物)と地主様が所有する底地を一緒のタイミング(同時に)で第三者に売る(売却)ことをいいます。業界用語で、底借同時(売却)といわれることもあります。 同時売却は、買う側(同時売却にて取得する方)にとっても、売る側(借地権者・地主)にとっても、メリットがある売却方法です。 同時売却のメリット <買う側> 借地権と底地を同時売却にて取得する方は、土地賃貸借契約に基づく債権及び債務が混同することで消滅し、完全に所有権の不動産を取得することになります。買う方にとっては、底借 […]

借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、ドウスル株式会社が運営する「不動産売却査定専門サイト」です。一戸建てやマンション、アパート、土地、ビル、借地権、再建築不可、事故物件などのあらゆる不動産売却査定を、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。権利関係でお悩みの方、特殊物件が売れるのかどうか知りたい方、相続した不動産や資産整理に伴う売却など買取先をお探しの方もまずはお気軽に完全無料の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。