借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら「お困り不動産どうする」

底地とは何か?

借地権とは

底地とは

底地

底地とは

借地権付きの土地の事です。
地主が土地を借地権者に貸し、その土地上に建物を建て借地権者が住んだり、第三者に建物を賃借したりします。地主は土地を「貸している」ので、地主に有利な契約内容にも見えますが、借地権者は借地借家法において強く保護をされており、住んでいる人がいる限り、借地権者を無視して、土地を利用(自己使用)することはできません

また、立退きや土地の返還なども地主側の都合だけでは求める事ができなかったのですが、平成4年に「借地借家法」が改正され、
この平成4年以降に契約を行った定期借地権に関しては、期限が来れば契約を終了させることが出来るようになりました

※平成4年以前から契約を行ってる物件は、旧借地法がそのまま適用されるので、依然立退きや土地の返還などを地主側の都合だけでは求める事ができません。

地主側は借地権者側に「地代」を求める事ができ、借地権の譲渡や売買時には地主さんの承諾が必要となります。

不完全所有権とも呼ばれており、1つの土地に対して、地主と借地人の両方の権利が入り交じっているため、権利関係が非常に複雑です。

底地のメリデメ

底地のメリット

  • ■安定した地代収入を得る事ができる
  • 底地があるということはその上には借地があります。借地権として貸している限りは地代収入を得る事が可能です。

  • ■メンテナンスをする必要がない
  • 建物の管理は借地権者側で行うので、雨漏り・修繕など建物の管理を地主さん側で行う必要がありません。

  • ■地代以外にも譲渡承諾料や更新料といった一時金をもらえることがある
  • 借地権者さんが借地権を売却・譲渡するときや借地契約の更新の際には、譲渡承諾料や香辛料を地主さん側に支払う慣習があります。条件によって差異がありますが、数百万円といった収入がある場合があります。

底地のデメリット

  • ■自己使用する事ができない
  • 借地権は借地借家法において強く保護をされており、住んでいる人がいる限り、借地権者を無視して、土地を利用(自己使用)することはできません。

  • ■収益性に乏しい
  • マンションやアパート賃貸と比べると賃料収入は落ちます。管理コストが掛からない分、リターンも低めです。賃貸経営の場合は入居者の移り変わりやサイクルも早いですが、底地に関しては、数十年単位での長期スパンで収益を考える必要があります。

  • ■市場流通性が低い
  • 底地は地主さんが実際にそこに住む事ができません。単なる投資案件として見た場合でもマンションやアパートへの投資の方が主流です。
    その為、早急にお金が必要となり、売却を考えたとしても買い手が見つからないケースがあります。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

関連記事

  • 底地が国有地の場合は売れるの?底地が国有地の場合は売れるの? 底地を持っている地主さんが個人の方・企業・お寺などのケースが大半となりますが、国(大蔵省・財務省)や地方公共団体(東京都等)などが底地権者となっているケースがございます。有名な例で「森友学園」の問題が昨今国会などで審議されておりますが、これも国有地を学園側が借地として借り上げ、将来的に買い取る事を目指していたとされています。 相続時に地主側が底地を物納した例(相続税の納 […]
  • 底地の買い取り底地の買い取り なぜ底地は売りづらいのか? 借地権が付いている土地(底地)は第三者が購入してもその土地を自由に利用することができません。自己利用ができず、また地代収入だけでは利回りが悪かったりもするので、エンドユーザー同士の売買・仲介が成立しづらいとされております。 底地は貸したら返ってこないとまで言われるぐらい借地権の権利が強かったと言えます。 底地はいくらぐらいで売れる? 底 […]
  • 底地の売買・売却底地の売買・売却 第三者への売却 第三者への売却ですが、底地のみを購入希望する第三者というのは非常に稀です。投資用としても人気が出てきているとは言え、まだまだマンションやアパート投資がメインとなっており、「底地」という単語を知っている人の方が少ない状況です。自己利用する事ができないという部分や融資を受ける事が難しいという部分がどうしてもネックとなってしまいます。 底地の取り扱いのある不 […]