戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

底地査定のポイントと手順|最も高く買取してくれる業者の探し方

不動産業者に底地を売却するとき(あるいは仲介を依頼するとき)の最初のステップは、査定依頼をすることです。

底地に限らず、不動産の売却の際には同様の手順を取りますが、特殊な事情のある底地について査定依頼をする際に、抑えておくポイントとはどのような点でしょうか?

また、底地をスピーディーに高く売却するにはどのような手順で進めればよいでしょうか?

底地 物件種別

この記事では、底地の査定を依頼する前に知っておきたいポイントを記載したうえで、査定手順について案内します。

一般の不動産業者ではなかなか売れないといわれる底地を、高く買い取ってくれる業者を効率よく探すために参考にしていただけたら幸いです。

底地の査定を依頼する際に把握したい3つのこと

不動産業者に底地の査定を依頼する際には、通常の不動産売却とは異なることがある点ことを最初に把握しておくべきです。

というのも、底地はそのまま査定に出しても売れなかったり、相場よりかなり安い査定額になったりすることがあるためです。不動産売却で損をしてしまわないために、まずは3つのポイントを案内します。

底地売却の相手方は借地人がベスト

底地を売る相手には、借地人(底地に建物を建てて使用している人)、もしくは第三者(不動産業者を含む)の2通りがありますが、可能であれば借地人への売却がベストです。

売買手続きによって第三者が底地を取得した場合、借地人が立ち退かない限りは自由に売却や増改築や売却ができず、地代の回収や地代価格の交渉などの負担を担わなければならなくなります。この時、底地を取得した第三者のメリットは地代などによる収入が生まれることです。

一方、借地人が売買手続きによって底地を取得すると、借地人は不動産の完全な所有者になれます。

地代を支払う義務が無くなり不動産価値も高まるので、借地人にとって底地を取得するメリットは決して小さくないのです。しかし、借地人にまとまった金額が必要になるので、事情や状況によっては借地人への売却がうまく進まないことも考えられます。

借地人への売却がスムーズに進まない時には、底地専門に買取を行っている不動産業者に買取依頼をすることが理想的な最善の手段の一つです。

底地専門の不動産業者の探し方については、「底地売却は専門業者に!探し方に迷ったら一括査定が効果的 」 にて案内しているので、ぜひ参考にしてください。

底地の査定依頼は一般的な不動産業者ではなく専門業者に依頼すべき

「底地は売れにくい」という話を耳にして、心配になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに底地は、通常の不動産物件とは異なる事情があるため、底地売買の実績の少ない一般の不動産業者では取り扱いが難しい物件です。買取を断られてしまったり、相場よりもずっと安い査定額を提示されたりすることもあるでしょう。

ですが、上で少し案内しましたが、底地を専門的に取り扱っている不動産業者も存在します。

こうした業者は、底地の転売・運用についての実績が豊富であり有効活用する術を把握しているため、他の不動産業者よりも底地を高く評価してくれる可能性があります。

査定を依頼してすぐに他の不動産業業者よりも高い査定額を提示してもらえるチャンスも期待できます(早い時には、査定の依頼から数日以内に金額が提示され、売却手続きが完了することもあります)。

底地の査定の際に必要な書類・情報

物件の情報を細かく伝えると、底地の査定がスムーズに進みやすくなります。どんな情報や書類が必要かについては不動産業者ごとに若干異なりますが、概ね必要なものは以下の①~⑤です。

  • ①住宅地図などの底地の場所を特定できる書類
  • ②登記簿謄本
  • ③土地賃貸借契約書(定期借地権など、期間の設定がある不動産の場合には、期間を表す書類)
  • ④公図
  • ⑤測量図

特に①底地の場所が特定できる書類・情報は、査定を依頼するためには必ず必要です。②~⑤は、査定額の精度を高めてくれる情報となります(②~⑤を準備することで査定額がアップする可能性も!)

また、査定後に売却する際には以下のものが必要になります。

  • ・ご自身の身分証
  • ・実印
  • ・印鑑証明
  • ・登記済み権利書(登記識別情報)
  • ・固定資産税の納税通知書

※住所変更などがある場合にはほかにも書類が必要になってきます。
必要な時に提示できるよう準備しておくことをおすすめします。

底地査定の手順

底地の査定依頼の前に把握しておきたい3点を押さえたら、不動産業者との手続きを進めましょう。

不動産売却時時の査定には、以下の二種類があります。

・買取査定・・・不動産業者に底地を買い取ってもらう際に、業者が支払ってくれる金額のことです。査定額=売却額です。
・仲介時の査定・・・目安として「この程度の金額で売れる」という予想額です。必ずしも査定の金額で売却できるわけではありません。

底地の場合、仲介よりも買取の方が確実なので、ここでは買取査定を想定した売却手順を案内します。

査定の手順①専門業者を探す

底地は通常の不動産とは物件自体の特徴も運用も異なるため、即時に高値で買い取ってくれる業者を探せるかどうかが結果を左右します。

もちろん一件一件底地専門業者のホームページをチェックするのも悪くないですが、おすすめは訳あり不動産の一括査定サイトを活用することです。一括サイトを利用すれば、地域や不動産の条件などでセグメントをかけて業者を探すことができます。

「底地の査定を一括で取ることなんてできるの?」と思われれるかもしれませんが、まさにピッタリのサイトが、2018年公開の業界初のお困り不動産専門査定サイト「お困り不動産どうする」です。

「お困り不動産どうする」は、お困り不動産を確実に売却・現金化できるように、買取会社のプロをそろえた専門のサイトです。

「お困り不動産どうする」の特徴

  • ■売れにくい不動産を売りたい方の利便性と安心感を追求した一括査定サイト
  • ■希望する業者のみ選択して査定を依頼できる
  • ■個人情報・物件情報の取り扱いの安全性に非常に優れている点

専門業者があらゆるお困り不動産を手早く短期間で買取しますので、気になる方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?

査定の手順②査定を依頼して比較検討する

希望の業者が見つかったら、必要な情報を業者に伝えて実際に査定を依頼します。ここでは、一括査定サイトを利用する場合の比較検討方法を案内します。

短期間で売却したいケースでも失敗を防ぐためには、複数の業者に依頼するのがセオリーです。一括査定サイトでは、連絡先などの簡単な情報を入力すれば業者側から連絡が入る仕組みになっているので、問い合わせもスムーズです(なおかつ、個人情報や物件情報のセキュリティ面でも安心です)。

査定に要する期間は、一般的には数日以内に結果が分かることが多いです。ただし、不動産業者によって対応が異なる部分もあるので、お急ぎの方は査定の依頼時に完了までの日数の目安を確認しておきましょう。

業界初のお困り不動産専門査定サイト:「お困り不動産どうする」

まとめ

底地を不動産業者や第三者に売却する際には、査定依頼から開始します。

不動産業者に依頼する際に買取での見積もりを慰霊すれば、査定額が支払ってもらえる金額になるため、いくつかの業者に査定を出してもらい、査定額を比較・検討しましょう。

その際、業界初のお困り不動産専門査定サイト「お困り不動産どうする」の一括査定がお役に立てると思います。

底地の査定について手続き方法に迷っている方、一般の不動産業者に査定を依頼したら査定額が思ったよりも低くて驚かれた方は特に、今回の情報を参考にしていただけたら幸いです。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

★“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
★仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の“直接買取”に強い会社のみを掲載

★仲介会社に依頼したが全然進まない。
★仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

★どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
★何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

★実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
★査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。

▼ あらゆる不動産売却を早く・高く

関連記事

  • 【底地の税金】売却主・所有者の立場別にかかる税金の内訳と計算方法【底地の税金】売却主・所有者の立場別にかかる税金の内訳と計算方法 というのも、不動産業者や第三者に底地を売却する場合には、売却した収入から税金の負担額を差し引きした「収益」によって不動産の評価額が算出されるためです。 この記事では、底地売却の際にかかる税金について、地主が不動産を売却した年にかかるものと、底地を所有している方に毎年かかるものとに分けて解説します。今回の記事を参考にしていただくことで、底地売却の際の税金のことがしっかりと […]
  • 底地売却は専門業者に!探し方に迷ったら一括査定が効果的底地売却は専門業者に!探し方に迷ったら一括査定が効果的 そのような状況や悩みを解決しうるのが、底地を専門に取り扱う不動産業者です。今回の記事では、底地専門業者の概要を紹介したうえで、お困り不動産を確実に売却、現金化できるように立ち上がった業界初!買取会社専門サイトをご紹介いたします。 底地の専門業者とは? 底地がなかなか売却できないのは、借地人が住んでいて自由な運用が難しいからです。地代による十分な収入がある場合には、 […]
  • 底地の評価額を知れば査定の根拠が分かる!3種類の評価方法とは底地の評価額を知れば査定の根拠が分かる!3種類の評価方法とは 底地の場合、売却の方法や相手方によって評価額が大きく変動することや、評価方法が複数あることなどから、底地を手放すことを検討されている方は、底地の評価についての知識を学んでおくべきです。 今回は底地の評価方法について、できるだけ専門用語を使わずにかみ砕いて詳しく解説します。 底地の評価方法は3通り!取引相手で大きく変わる? 底地の評価方法は、その他の不動産とは […]

借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、ドウスル株式会社が運営する「不動産売却査定専門サイト」です。一戸建てやマンション、アパート、土地、ビル、借地権、再建築不可、事故物件などのあらゆる不動産売却査定を、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。権利関係でお悩みの方、特殊物件が売れるのかどうか知りたい方、相続した不動産や資産整理に伴う売却など買取先をお探しの方もまずはお気軽に完全無料の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。