借地権、底地、再建築不可の
査定・見積もりなら「お困り不動産どうする」

底地の売買・売却

底地を第三者へ売却する方法は?

おすすめ記事 底地

底地を第三者へ売却する事が可能です。その場合の売却先として以下が考えられます。
■第三者への売却
■底地の取り扱いのある不動産会社
■借地人への売却

・第三者への売却
第三者への売却ですが、底地のみを購入希望する第三者というのは非常に稀です。投資用としても人気が出てきているとは言え、まだまだマンションやアパート投資がメインとなっており、「底地」という単語を知っている人の方が少ない状況です。自己利用する事ができないという部分や融資を受ける事が難しいという部分がどうしてもネックとなってしまいます。

・底地の取り扱いのある不動産会社
底地のみを買取りしてくれる不動産業者も中にはございますが、底地の所在地・面積・契約状況などを厳しく見られる形となります。路線価における底地の財産評価割合は30~40%であることが多いですが、この評価割合で売却できることはほぼありません。需要供給のバランスが一番の価格決定ポイントとなりますので、希望売却価格よりも安くなってしまう事が大半です。

・借地人への売却
最も合理的かつ底地と借地の価値を最大限生かす方法は、底地を借地人さんの方へ売却することです。
借地人さんが底地を購入する事で所有権とする事ができます。逆も然りで地主さんが借地権を買い戻す事により所有権とすることができるので、不動産としての価値も上がり、第三者における購入ニーズも高まります。
融資を受ける事ができるようになるのも大きなメリットです。

底地の売買におけるメリット・デメリット
借地権者さんに売却をする
■メリット
底地を高く売却できる可能性がある
■デメリット
価格交渉等含め、協議が難航するケースが多く、時間も掛かる。場合よっては仲介として専門業者にコンサルを委託する必要がある。

第三者や不動産会社への売却
■メリット
交渉トラブルが少なく、短期に売却が可能である。資金化しやすい。

■デメリット
安価となってしまうケースが多い。底地の所在地・面積・借地権側との契約状況によっては、買い手が付かない可能性がある。

売買、売却における地主さんのお悩み
底地の売買や売却にあたり、地主さんのお悩みは多岐に渡ります。

・借地権を買い戻して所有権として売却したいが、借地人さんが明け渡してくれない
・地代収入が低く、固定資産税が高い為、手元に残らない
・底地の売却をしたいのだが、買い手が見つからない
・受け継いだ底地の相続税が大変で資産整理をしたい
・手早く現金化して、共有名義での揉め事などを解消したい

底地のことに精通している不動産会社というのは、全体から見れば非常に少ない状況です。当サイトは借地権・底地権・再建築不可に特化した査定サイトとなっておりますので、「手早く現金化したい」、「売却したいのに買い手が見つからない」、「借地人さんとの話がまとまらない」などのお悩みがございましたら、是非一度お問い合わせ・査定希望されてみる事をお勧め致します。