戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「不動産売却どうする」

離婚のときの不動産の売却方法とは?

離婚が決まったときには、様々な手続きをしなくてはならなくなりますが、特に問題が生じるのが「購入した不動産をどうするか?」ということです。

基本的な離婚時のルールは財産をちょうど半分に分けることですが、不動産の場合、簡単に分けることができないことに加え、税金や制度など様々な問題が絡んでくるためです。
また、状況によっては、相手方に勝手に家を売却されてしまったりするなどの大きなリスクもはらんでいます

物件種別 所有権

しかし、基本的な流れを押さえておけば、不動産の売却手続きについて心配する必要はありません。

この記事では、離婚時の不動産の売却方法について解説します。

離婚時の財産に関する考え方

夫婦の財産は、基本的に「二人共同で所有するもの」なので、離婚時には均等に分配するものです。
この章では、結婚中と離婚時の財産に関する基本的な考え方について解説します。

夫婦の財産は共有が原則

夫婦の財産は原則として共有財産とみなされます。

従って、お金や証券・不動産など価値のあるものは、収入の金額や実際に支払ったのがどちらであるかなどには関係なく、夫婦で半々の財産としてみなされます。

従って、離婚の際には財産を半々にして分配するのが大まかな大原則となっています。

※不動産の場合は、半々での分割が難しいので、分配の時にトラブルになってしまったり、話がまとまらなかったりする可能性があります。

一般的な方法としては、売却して売却益を折半する方法や、一方がそのまま継続して住んで、もう一方の相手方に代金を支払う方法などがあります。

分割しなくても良い不動産

夫婦の財産は、一般的には共有なので分割の対象になりますが、モノによっては売却の必要がないケースもあります。

具体的な例を紹介すると以下の通りです。

  • ・結婚前から、どちらか片方の財産であったもの(結婚前に単独で購入した家など)
  • ・夫婦のどちらか一方が、相続により取得した不動産
  • ・どちらか一方の結婚前の貯蓄を使って不動産を購入したもの

これらのケースに当たる場合には、夫婦で一緒に取得した財産ではないため分割の対象にはなりません。


あなたにピッタリの不動産会社が見つかる!

土地、マンション、戸建て、借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却など不動産種別毎の多様な悩みに合わせて数々の企業の中からお客様に最適な不動産会社をご紹介することができます。
なぜ、最適な業者を選定しなければならないのか?それは、不動産会社にも得手不得手があるからです。
もし、不得手な不動産会社に相談してしまったら...断られる・査定価格が低くなってしまう、最悪の場合、仲介手数料を支払って買取業者に買ってもらうなんていうケースもありえます。それを回避するのが【不動産売却どうする】

関連記事

  • 共有持分の売却は専門買取業者へ!買取の流れ・注意点を解説共有持分の売却は専門買取業者へ!買取の流れ・注意点を解説 また、他の共有権利者の同意や協力が得られなくても、単独で手続きを進めることができるため、スピーディーに手続きを進めることが可能になります。 「そんなメリットのある共有持分専門の買取業者って何?」 「いくらぐらいで買い取ってくれるの?」 「どんな手順で進めれば専門業者に買い取ってもらえるの?」 共有持分の売却を考えている方は、そのような疑問を感じられると思います。 今回の記事では、共有持分の買取業者に査定見積もりをするメリットや、買取の流れなどについて解説します。 共有持分の売却はスムーズにはいかない? 共有持分とは、不動産を複数人 […]
  • 共有持分を売却するための最もスムーズな方法!注意点や相場も解説共有持分を売却するための最もスムーズな方法!注意点や相場も解説 そこでこの記事では、共有持分とはどのようなものかを分かりやすく紹介したうえで、確実に売るための手順や売却の際の注意点を解説します。 共有持分を売却した場合の、一般的な相場についての解説もしているので、相続で共有持分として不動産を引き継いだ方や、共有権利者との考え方の違いなどにより、物件を手放そうと考えている方は、ぜひ参考にしてください。 共有持分とは? 共有持分の売却を考える前に、まず「共有持分とは何か?」を明らかにしておきましょう。 共有持分がどのようなものかを知ることで、どのように売却すべきかのイメージがつかみやすくなります。 共有持分の […]
  • 個人が地主の借地権・底地の同時売却 メリットやタイミングを解説個人が地主の借地権・底地の同時売却 メリットやタイミングを解説 同時売却ってそもそもなに? 借地権・底地の同時売却とは、借地権者様が所有する借地権(付建物)と地主様が所有する底地を一緒のタイミング(同時に)で第三者に売る(売却)ことをいいます。業界用語で、底借同時(売却)といわれることもあります。 同時売却は、買う側(同時売却にて取得する方)にとっても、売る側(借地権者・地主)にとっても、メリットがある売却方法です。 同時売却のメリット <買う側> […]