借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却一括査定なら「お困り不動産どうする」

任意売却

任意売却・競売

任意売却(任意売買)は住宅ローンなどの返済が難しくなった場合に、住宅ローンを残したまま売却する方法

おすすめ記事 その他

任意売却(任意売買)は住宅ローンなどの返済が難しくなった場合に住宅ローンを残したまま売却する方法です。

通常住宅ローンの返済ができなくなってしまうと、自宅は競売、そこまで残債があると最悪自己破産となってしまい資産を大幅に損失させることとなってしまいます。そこで債権者となる銀行や金融機関などと交渉をし、同意をもらった上で不動産を売却自らの意思によって売却することができるのです。

■抵当権とは
抵当権とは、住宅ローンなどでお金を借りる際に借金となるので、家や土地を担保とし支払いができなくなった場合には、その家や土地を競売にかけ、借金の返済にあてる仕組みのことを言います。似た例として、質屋があります。質屋に物を預けるとその預けた物の価値に応じたお金を貸してくれます。そこでもしお金の返済ができなくなってしまった場合は、預けた物は質流れとなり、質屋さんは預けた物を売って換金し債権の回収を行います。それと同じような仕組みが抵当権です。

抵当権の解除に必要なことは住宅ローンの完済です。住宅ローンの返済ができない場合、基本的には不動産の売却を行うことはできません。抵当権の解除後に売却することが前提となっているからです。そして、住宅ローンの返済ができない場合は、法に基づき競売となってしまいますので、売却価格も安くなり周囲にも知られてしまうのでデメリットが非常に大きくなってしまいます。そこで、全額完済できないとしても、銀行側に掛け合い一般市場価値に近い価格で不動産を売却する方法=これが任意売却です。

■任意売却の特徴
住宅ローンの残債:交渉により無理のない範囲で分割返済が可能
プライバシー:通常の不動産売却と同じ方法のため、事情を知られずに売却可能
引っ越し費用:慣習として引っ越し費用の捻出が認められる可能性があり、10万円~最大30万円

■任意売却することのできる期間
債務を抱えた側にとってメリットの多い任意売却ですが、いつでも売却することができるわけではありません。滞納前には任意売却はできません。住宅ローンの支払いを滞納してから競売にかけられるまでの期間は約1年となっていますが、競売における入札開始日の2日前までが一般的な任意売却可能期間となります。販売期間だけでも約3ヶ月〜半年程度の余裕を見ておいた方が良いため、売却に向け早めに行動することが重要となります。

早い段階で任意売却するかどうかの決断を行い、安心して任せられる業者様を見つけることが成功の鍵となります。任意売却には専門的な知識と経験、ノウハウなどが必要となるため色々な不動産会社を比較・検討することのできる当サイトを是非ご活用ください。