借地権、底地、再建築不可の
査定・見積もりなら「お困り不動産どうする」

共有持分不動産

共有持分とは何か?売却の際に揉める事が多い共有持分不動産

その他

■共有持分とは何か?
不動産を複数名で所有し、それぞれの持っている所有権割合のことを「共有持分」と呼びます。一つの不動産を3人で平等に所有している場合、各共有持分は1/3となります。

・共有持分となる原因及び理由
何人かで資金を出し合って不動産を買い取りした
相続などで兄弟姉妹複数名が不動産を相続した
夫婦、兄弟姉妹などで資金を出し合って不動産を購入した

大まかに上記の理由が考えられます。共同で金銭を出し合っている場合、共同で不動産を所有・管理することも自然なことです。

■共有持分の問題点
一番の問題となるのは、やはり所有不動産を売却しようとする時でしょう。共有持分不動産は持分を持つ全員の同意が必要となります。3人で所有している場合、その中の1人が売りたいと思っても勝手に売却することができません。3人全員の合意が必要となり、意見がまとまらない、連絡がつかないなどの問題が見受けられます。
流動性や換金性に乏しい点が資産としてのネックとなります。

■共有持分の相続
自身が1/3の持分を持っていたとして、それをさらに3人に相続する場合、1/3の持ち分をさらに1/3で相続する形となり、より細分化してしまいます。そうなると、さらに意見のとりまとめや共有者全員で行う遺産分割協議が難しくなってしまいますので、早い段階で共有関係を解消する取り組みが必要です。

■自身の持分だけでも売却可能
理想は、共有名義者全員の合意を得た上で売却を行い、公平に財産を分割することですがそう簡単に話が進まないことが多いのが現状です。この場合、ご自身の持分のみで売却することも可能です。また賃貸などで貸している場合も、賃借人がいる状態での売却も可能となっています。

不動産会社によって対応方法、解決方法も変わってくる部分ですので、一括査定で各不動産会社の提案を聞いてみることをお勧め致します。