戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

共有持分不動産

共有持ち分

共有持分とは何か?売却の際に揉める事が多い共有持分不動産

その他

共有持分とは何か?

不動産を複数名で所有し、それぞれの持っている所有権割合のことを「共有持分」と呼びます。一つの不動産を3人で平等に所有している場合、各共有持分は1/3となります。
共有持ち分にはどういった問題点が出てくるのかをご説明します。

共有持分となる原因及び理由

  • ■何人かで資金を出し合って不動産を買い取りした
  • ■相続などで兄弟姉妹複数名が不動産を相続した
  • ■夫婦、兄弟姉妹などで資金を出し合って不動産を購入した

大まかに上記の理由が考えられます。共同で金銭を出し合っている場合、共同で不動産を所有・管理することも自然なことです。

共有持分の問題点

一番の問題となるのは、やはり所有不動産を売却しようとする時でしょう。共有持分不動産は持分を持つ全員の同意が必要となります。3人で所有している場合、その中の1人が売りたいと思っても勝手に売却することができません。3人全員の合意が必要となり、意見がまとまらない、連絡がつかないなどの問題が見受けられます。
流動性や換金性に乏しい点が資産としてのネックとなります。
共有持分によるリスク

共有持分の相続

自身が1/3の持分を持っていたとして、それをさらに妻1人子3人に相続する場合、1/3の持ち分をさらに相続する形となり、より細分化してしまいます。そうなると、さらに意見のとりまとめや相続人全員で行う遺産分割協議が難しくなってしまいますので、早い段階で共有関係を解消する取り組みが必要です。

相続により共有持分が細分化

自身の持分だけでも売却可能

理想は、共有名義者全員の合意を得た上で売却を行い、公平に財産を分割することですがそう簡単に話が進まないことが多いのが現状です。この場合、ご自身の持分のみで売却することも可能です。また賃貸などで貸している場合も、賃借人がいる状態での売却も可能となっています。

共有持分は売却できるのか?

不動産会社によって対応方法、解決方法も変わってくる部分ですので、一括査定で各不動産会社の提案を聞いてみることをお勧め致します。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで1分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

★“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
★仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の“直接買取”に強い会社のみを掲載

★仲介会社に依頼したが全然進まない。
★仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

★どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
★何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

★実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
★査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。

▼ あらゆる不動産売却を早く・高く

関連記事

  • 個人が地主の借地権・底地の同時売却個人が地主の借地権・底地の同時売却 「お困り不動産どうする」コンシェルジュサービス不動産売却 […]
  • セットバックについてセットバックについて セットバックってどういうこと? 現在の法律では原則として幅員4m以上の整備された道路が必要となっています。建築基準法では、幅員が4mもしくは以上ないと「道路」とは認められていません。 これは日照や風通しなどの視点、災害避難時の安全性・消防車など緊急車両の乗り入れ等防災的視点により定められています。 しかし法律が制定される前に建てられた家屋においては、4m未満の道路に接し […]
  • 再建築不可物件とは?整理に困ったら買取専門業者へ依頼で最短解決再建築不可物件とは?整理に困ったら買取専門業者へ依頼で最短解決 この記事では、再建築不可物件をそのようなマイナスの資産にすることなくきちんと収益にするため、もしくは有益な財産にするために ・再建築不可物件とは何か? ・再建築不可物件のメリット・デメリットとは? ・再建築不可物件はどのように処理を進めればよいのか? などの点を解説します。 結論から言いますと そのまま再建築不可物件に住み続ける方を除けば専門の買取業者 […]

借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、ドウスル株式会社が運営する「不動産売却査定専門サイト」です。一戸建てやマンション、アパート、土地、ビル、借地権、再建築不可、事故物件などのあらゆる不動産売却査定を、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。権利関係でお悩みの方、特殊物件が売れるのかどうか知りたい方、相続した不動産や資産整理に伴う売却など買取先をお探しの方もまずはお気軽に完全無料の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。