戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

共有物分割請求ってなに?

共有持ち分

共有持ち分にすることによるリスクは?

その他

相続時などに多く見られますが、不動産を共有名義にして各々持分割合で1つの不動産を所有する事を不動産の共有と言います。

不動産の共有には様々なリスクが・・・

なぜ、不動産の共有にリスクがあるのかと言いますと、共有不動産の売却や建て替えなどする場合には共有者の同意が必要となり共有者の同意が得られなければ行うことができません。

例1

AさんBさんで収益物件を所有していて毎月の賃料は2分の1ずつ共有者同士で分けていました。相談事などは当初は二人で相談していても月日が経つことによってAさんは忙しいからとBさんに決めといてと・・・
管理している不動産屋と連絡を取るのはいつもBさんでした。物件も年月が建てば設備も古くなり故障など頻繁に起こるようになり、Bさんも仕事をしているなかで賃貸業をしていくのも手が回らなくなり所有しているのが面倒だと思うようになってきました。そこでBさんはAさんに物件を売って売ったお金を折半しようと提案しました。
しかし、Aさんは賃料収入を目当てにしており売却には反対され、口論になり争いが起きてしまいました。

例2

実家を兄弟二人で相続したが、弟が実家に暮らしていて兄はすでに家を他に持っていた。
こういった場合、不公平感が募っていきます。
弟は従前から実家としてそこに住み、家賃など支払ったことはありません。当然のように相続後もそのまま住み続け賃料も支払うつもりもありません。
兄としては共有で相続しているわけですから面白くなくなります
出て行ってもらい人に貸すなりして賃料収入をと考えていますが、共有者が反対してしまえばそれまでとなってしまいます。
明渡請求は民法249条により困難と考えられます。
民法249条
各共有者は、共有物の全部について、その持分に応じた使用をすることができる。とされています。 

上記2例以外にも様々な理由がありますが、不動産の共有をすることによりトラブルが多く発生しているのは事実です。

では共有者と意見がぶつかってしまった場合、どうしたらいいのか?

共有を解消するしかない?

話し合いで解決できるのが一番ですが、そうも行かないときがあります。そういった場合には共有を解消するしかありません。
共有の解消とは、共有者に持ち分を売却するか、共有者の持ち分を買い取るかです。
どちらか一方が相手の持ち分を買い取る事が出来ればいいのですが、話し合いがこじれている場合には難しい事が多いようです。

こういった場合に、民法258条に裁判による分割請求というのが定められています。
民法258条
共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
2. 前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。
このように、協議が整わない場合には裁判によって解決する方法もあります。

裁判によって共有分分割請求の訴訟を起こした場合は、下記3つの手法による解決が主となります。

①現物分割

1棟マンションや土地など現実的に分割できる場合に用いられます。
例えば、総戸数が10戸の1棟マンションなどを5戸ずつ所有や、広めの土地の場合で接道間口も十分に確保できる場合などに用いられます。

②価格賠償

共有者の一方が持ち分を取得し、持分喪失した者へ金銭で賠償させる方法となります。

③換価分割

現物分割ができない場合や分割により価格が著しく減少(例えば、共有者の一方が取得することによって、管理がずさんになり価値が落ちてしまいそうな場合など)する恐れがある場合は裁判所が共有物の競売を命じ、その売却金額を共有者で分割する方法です。

共有持分って売却できるの?

自分の持ち分を第三者に売却する事は可能です。
しかし、例で記載したように不動産の共有では様々なトラブルがある事も事実で、一般的に買主側は敬遠しがちになり売却は難しいと言われています。

共有持分を買取業者に買い取ってもらう

上記で述べたようにエンドユーザーに買い取ってもらうのは難しいので、そういった場合には買取業者に買い取ってもらうのもいいのではないでしょうか?
買取業者だと価格が安いイメージがありますが、それを補うくらい買取業者さんによっては+αがあります。
+αの内容はその業者さんによってまちまちなので査定するときに聞いてみてください。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

関連記事

  • お困り不動産とはお困り不動産とは お困り不動産とは 読んで字のごとく、所有者様がお困りになっている不動産を「お困り不動産」と定義しています。不動産の種類や周辺環境によって、または所有者様の状況や関係権利者との問題など、不動産にまつわるお困りごとは多岐にわたります。その一部をご紹介します。 お困り不動産①「所有権」 所有権とは、土地と建物の所有者が同一名義の不動産をいいます。 所有権の不動産を売却し […]
  • 不動産の仲介と買取の違い不動産の仲介と買取の違い 不動産の売却方法の違いについて 不動産の売却を不動産会社に依頼する場合、「仲介」と「買取」の違いをよく理解をしましょう。 「仲介」とは、不動産会社が買主を探し、不動産を売りたい売主とその不動産を買いたい買主をつなげることをいいます。 「買取」とは、不動産会社が買主となり、不動産を売りたい売主から不動産を直接購入することをいいます。 仲介による売却の流れ 1. […]
  • 事故物件の売却事故物件の売却 事故物件には四種類ある!? 近年よく耳にする事故物件ですが、事故物件には実は四種類あります。 ■心理的瑕疵物件 ■物理的瑕疵物件 ■法的瑕疵物件 ■環境的瑕疵物件 「心理的瑕疵物件」とは、一番メディアでも取り上げられる事故物件のことで自殺・殺人・事故・病死などにより人が亡くなってしまった物件のことを指します。心理的に何となく嫌だなと感じられる瑕疵となってお […]