戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

【完全無料】家の価格を調べる

共有持分は放棄よりも売却の方がお得で手間なし⁉理由を解説

共有持分は放棄よりも売却

「共有持分を持ち続けるのは、心理的にも金銭的にも負担になるから放棄してしまった方が良い」と考える方には、放棄よりも専門業者への売却の方がおすすめです。

「共有持分は、なかなか売れないから一刻も早く手放したい」
「いろいろと手間をかけるのが嫌だから早く放棄したい」

など、放棄を考える理由は様々だと思いますが、むしろそのような方にこそ、専門業者に売却するメリットが大きいです。

物件種別 その他

この記事では、まず「共有持分の放棄とはどのようなことか?」について分かりやすく案内したのちに、なぜ専門業者への買取依頼をおすすめするのかについて解説します。

ご自身の共有持分を早く手放したい、という方はぜひ参考にしてください。

共有持分を放棄するとどうなる?

持ち続けることについてデメリットが生じることもある共有持分について、民法の規定により放棄することも認められています。

共有持分の放棄をした場合

「自分自身の権利はどうなるのか・・・?」
「他の共有権利者にどのような影響があるのか?」

について説明します。

共有持分の放棄とは?

民法255条の規定により、共有持分の放棄が認められています。
このとき、共有権利者の同意は必要ありません。

まずは、民法の条文を確認してみましょう。

民法:第255条

共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。

共有持分は、持ち続けていると次のデメリットがあるため、デメリットを回避したい人に選択されています。

(共有持分を持ち続けることのデメリット)

・毎年、固定資産税・都市計画税の支払い義務が生じる

・他の共有権利者と、財産の分割方法や処分方法で、方向性に食い違いが生じている場合、話し合いを持たなければならない

・共有状態が長く続くと、権利関係が更に複雑化してしまう可能性がある

(例えば共有権利者の一人が亡くなったときや、第三者に共有持分を売却した場合などは、面識のない人と不動産を共有することになる)

つまり、共有持分による収入より維持費の方が高くなってしまったり、大きな手間がかかってしまったりする状況が起こりうるということです。

共有持分を放棄すると、自分自身の権利はそのままその他の共有者に移行します。

例えば、もっとも単純なケースとして、二人で一つの財産を2分の1ずつ共有している場合、元々持っていた2分の1の持ち分が共有権利者に移行し、共有権利者が単独所有権者になります。

なお、共有持分の放棄についての同意は必要ありませんが、放棄する際には登記手続きが必要になります。
登記の移行手続きは、共有相続人の協力があった方がスムーズに進む、ということを把握しておきましょう。

共有持分を放棄することにメリットはあるの?

共有持分を放棄すると、放棄した分の財産が他の共有権利者に移行します。
では、放棄した側にとってメリットはあるのでしょうか?

結論からいえば、売却の際に申請や手間のかかる農地の共有持分のケースや、共有持分を共有権利者に譲りたいケースは例外として、共有持分の放棄に大きなメリットはありません。

・共有権利者との間の話し合いなどの手間が軽減できること
・税金の支払いなどの維持費が回避できること

これらの2点が共有持分を放棄することの大きなメリットですが、これらのメリットを得るのであれば、売却の方がおすすめです。
売却なら、権利をただ放棄するだけではなく、現金化することができるからです。

「売却をするのは、他の共有権利者の同意が必要なのでは?」
「共有持分は、なかなか売れないって聞いたけど、売れ残ってしまって結果的に損をしてしまうことはないの?」

といった不安や疑問があるかもしれません。

確かに、不動産全てを売却したい場合は、共有権利者全員の同意が必要です。
また、一般的な不動産業者で媒介契約を結ぶ(仲介による売却依頼をする)際には、購入希望者が現れるまで売却できません。

しかし不動産業者の中には、共有持分の買取を専門的に行っている業者があります。
これらの業者は仲介ではなく、直接買い取りを行っているので、見積もり査定が出れば査定額でそのまま、買い取り手続きを進めてもらうことができます。

従って、共有持分を放棄するメリットをそのまま得られることに加えて、現金も得られるのが専門業者への買取依頼であるということです。

※農地の共有持分について

農地の共有持分の場合、放棄を1つの選択肢とするのも良いかもしれません。
というのも、農地の売却については届け出関係が煩雑で、通常の物件よりも手間がかかるためです。

とはいえ、想像以上に高く売れる可能性もあるかもしれないので、一度査定をしてから判断されることをおすすめします。

共有持分の放棄にデメリットはないの?

ここまでの内容で

「共有持分の放棄とは、結局メリットもデメリットもないものなんだな」

という風に思われたかもしれませんね。

しかし、デメリットというわけではないですが、共有持分を放棄した場合には、贈与税が発生するケースがあることは、きちんと把握しておく必要があります。

放棄なのに贈与税がかかるのは、少し納得いかない部分もあるかもしれませんが、放棄をした分の共有持分が他の共有権利者に移行するので、実質的には贈与とみなされるというわけです。

贈与税を支払うのは、共有持分の放棄をした側ではなく、放棄によって共有持分を取得する側の人ではありますが、トラブルや食い違いを防ぐためにも、放棄をする際には贈与税がかかる可能性があることを、認識しておきましょう。

なお、遺産相続によって共有持分を取得するとき、共有持分の放棄ではなく、相続放棄をするという選択肢もあります。
相続放棄は、相続を知ってから3か月以内に行わなければならない、という時間的な制約はありますが、この場合は「そもそも相続人ではなかった」とみなされます。
従って、相続放棄をした場合は、贈与税が発生しません。
(ただし、財産全てを放棄してしまうことになるので、慎重な判断が必要です)

手間が面倒に感じたら専門業者への売却がおすすめ

不動産の共有持分は、時には非常に手間や面倒を感じてしまうものです。

夫婦で一緒に住宅を購入して、互いに納得して共有している場合などは問題ありませんが、遺産分割協議がうまくまとまらなかったときや、夫婦関係がうまくいかなくなってしまったときなどは、一般的な不動産のように、スムーズに売却することが難しいためです。

手間や面倒を避けるために、共有持分の放棄を検討する方もいるかもしれませんが、おすすめの方法は共有持分を専門業者に売却することです。

(共有持分の売却が手間の軽減にオススメである方法)

・単独で手続きできること(登記の移転についても、他の共有権利者の協力も必要なく、贈与税などの計算をする必要もない)
・すぐに現金化できること
・売却手続きが完了したら、放棄をした場合と同様に、税金や不動産の維持・管理の負担をしなくても良くなること

従って、不動産の共有持分の放棄を考えている方は、まず専門の不動産業者で査定見積もりを取ることをおすすめします。

なお、共有持分の物件は、特殊な事情があるため「訳あり物件」の一つにはなってしまいますが、訳あり物件の一括査定ができるインターネットサイトもあります。

一括査定サイトで査定を行えば、不当に安く売ってしまうリスクを避けることもでき、効率よく訳あり物件専門の業者を探すこともできます。

まとめ

共有持分を放棄するメリットは、次のようになります。

・税金の負担がかからなくなること
・不動産維持の責任や負担がなくなること
・共有権利者との話し合いや調整が必要なくなること

しかしこれらのメリットは、専門業者に売却した場合にも得られます。

むしろ、共有相続人と協力して登記の移行手続きなどをしなくても良くなるので、売却の方が手間も負担もかかりません。
しかし、次の場合は除きます。

・売却をする場合に手間がかかる農地の場合
・共有持分を共有相続人に譲りたい場合

これら2つの場合を除けば、共有持分をすぐに現金化できる売却の方が、大きなメリットがあります。

専門業者は、一括査定サイトで探せば効率的、かつ最も高い値段で売却することができます。

共有持分の放棄を検討している方は、まずは、専門業者への査定見積もりからスタートされてみてはいかがでしょうか?

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介


「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

★“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
★仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の“直接買取”に強い会社のみを掲載

★仲介会社に依頼したが全然進まない。
★仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

★どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
★何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

★実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
★査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。

▼ あらゆる不動産売却を早く・高く

関連記事

  • 離婚時に共有名義の不動産はどうする?名義変更すべき?離婚時に共有名義の不動産はどうする?名義変更すべき? ただ登記の名義を変更するだけというわけではありません。 さらには、名義変更にあたって費用や手間もかかります。 この記事では、夫婦共有名義の離婚の際の名義変更の概要や手間・費用について解説します。 夫婦共有名義の不動産の概要と離婚時のデメリットとは? まず、簡単に夫婦共有名義の不動産について確認しておきましょう。 夫婦共有名義の不動産とは、夫婦2人の名義で所有している不動産のことを指します。 不動産を共有名義にすることにより、単独名義の場合よりも住宅ローンを多く借りることができたり、税制面での優遇があったりするなどのメリットがあります […]
  • 任意売却の依頼手続き!売れるまでの流れを解説任意売却の依頼手続き!売れるまでの流れを解説 この記事では、任意売却の手続き方法の一般的な流れについて解説します。 記事を参考にしていただければ、スムーズに売却の手続きを進め、生活の再スタートのきっかけにしていただけます。 ただし、任意売却は住宅ローンの返済を主な目的としているため、債権者の同意が不可欠である点など、一般的な売却とは異なる点もあります。 任意売却の手続きの流れ①不動産業者と契約を結ぶ 住宅ローンの支払いが困難になり、2か月以上の滞納をしてしまったときには、任意売却もしくは競売のいずれの方法を選択するかの判断を迫られます。 この時、債権者である金融機関から任意売却を […]
  • 任意売却専門の不動産業者とは?一般の不動産と比べて役に立つのはどっち?任意売却専門の不動産業者とは?一般の不動産と比べて役に立つのはどっち? この記事では、任意売却がどのような点で一般の不動産売買と異なるのかを明らかにしたうえで、一般的な不動産と任意売却に特化した不動産会社との違いを解説します。 任意売却専門の不動産会社がどのような業者であるかを知ることで、どのような業者に依頼すると良いのかの参考にしていただけると思います。 任意売却と一般の不動産売却の違い 任意売却の専門業者と一般の不動産業者との違いを知る前に、任意売却と一般的な不動産売却の違いについて確認しておきましょう。 そもそも、任意売却とは住宅ローンが支払えなくなり滞納してしまったときに、競売を免れるための不動産売却方法で […]

借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら
「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、ドウスル株式会社が運営する「不動産売却査定専門サイト」です。一戸建てやマンション、アパート、土地、ビル、借地権、再建築不可、事故物件などのあらゆる不動産売却査定を、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。権利関係でお悩みの方、特殊物件が売れるのかどうか知りたい方、相続した不動産や資産整理に伴う売却など買取先をお探しの方もまずはお気軽に完全無料の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。