戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

【完全無料】家の価格を調べる

事故物件は専門業者に任せるべし!メリット・選び方を完全解説

事故物件専門

事故物件が売れなくて困っている方は、事故物件の専門業者に買取を依頼すれば、悩みがすべて解決できます。

買い手が付きにくく、賃貸として借りることも敬遠されがちな事故物件の扱いに困ってしまう所有者さんは少なくありません。

売れ残ってしまうこと自体に大きなリスクがありますし
売れても当初の見込み額よりもずっと値段が下がってしまうこともあります。

物件種別 その他

賃貸や駐車場物件として運営するのもリスクがありますし、ノウハウも必要です。
こうしたリスクや不安をすべて解決・解消してくれるのが「事故物件専門業者」です。

この記事では

・事故物件専門業者とは、どのような業者なのか?
・事故物件専門業者に依頼すると、どのようなメリットがあるのか?
・事故物件専門業者はどのように探せばよいのか?

について解説します。

事故物件が売れるかどうか不安に思っている方は、ぜひ参考にしてください。

事故物件は専門業者への売却がおすすめ

「不動産を売りたいのに、事故物件だからなかなか売れない・・・」
「事故物件を相続したが、売れないと聞いて不安で仕方がない・・・」

上記のような不安をお持ちではないでしょうか?

事故物件というと、すごく特殊な物件のように思えるものですが
様々な事情から事故物件はそれほど珍しいものではなく、むしろ身近なものとなっています。

※事故物件

事故物件とは、購入者が心理的に敬遠するような物件のことです。
明確な定義は決まっていないものの、代表的な例としては、自殺や殺人事件・孤独死などが発生した物件。
(ただし、孤独死については早期に発見された場合は、事故物件とみなされるかどうかはグレーな部分があります)
事故物件には告知義務があり、売却したり賃貸物件として貸し出したりする場合には
必ず相手方に事故物件であることを伝えなければなりません。

事故物件は、購入者にとっては決して望ましい物件ではありません。
家を買おうとした時に、事故物件と通常の物件が似た条件で販売されていたら、やっぱり通常の物件を購入しますよね?

従って通常の不動産物件と同じように、仲介で売却の依頼を出してもなかなか買い手が現れない、という事情におちいってしまいます。

それでは、話を冒頭に戻しますが、事故物件を取得したときにどのように対処すべきか?
その答えとしてオススメするのが、事故物件専門業者に買取を依頼することです。

もちろん、事故物件専門業者への買取依頼以外にも方法はあります。
しかし、どの方法も売り主さんにリスクが生じます。

イメージが沸きにくいと思いますので、具体的に紹介しましょう。

【仲介による売却のリスク】

ニーズが一致すれば、最も高く売却できる可能性があります。
しかし事故物件を高く売るには、リフォームやメンテナンスの手間や費用を負担しなくてはなりません。
思い通りの値段で売れなかった場合は、赤字になってしまう可能性があります。

他にもいつまでも売れ残ってしまったり、売りに出しているときに「物件情報」としてインターネット上などに物件情報が出てしまうため、近所の住民の注目を集めてしまうリスクもあります。

【賃貸物件としての運用のリスク】

賃貸物件として運用する方法もあります。
購入に比べて賃貸の場合は、事故物件であっても気にしない方が多いので
立地条件が良ければ、うまく賃借人が見つかる可能性があります。

ただし、賃貸物件として運用するには

・管理の手間・負担が生じること

・リフォームの手間・費用を負担しなくてはならないこと

・集客にノウハウが必要であること

などのリスクがあります。

管理会社に管理を任せる方法もありますが
そうすると管理会社への費用が発生してしまい、利益が得られにくくなってしまいます。

【駐車場としての運用のリスク】

コインパーキングとして運用する場合、事故物件であることのデメリットはかなり軽減されます。

ただし、更地にして駐車場として運用するために費用や予算をかけなければならない、というリスクがあります。
また、駐車場経営はよほど立地が良くなければ収益を上げにくいので、リターンがそれほど見込めないというデメリットもあります。

以上のように、事故物件にはどうしてもリスクがついて回ります。

しかし、売れないからと言って買い手がつくまで不動産業者任せにしたり
どのように対処するのかの決定を後回しにして、物件を所有し続けることも問題です。

・物件が売れ残っていると、毎年固定資産税や都市計画税を支払わなくてはならない

・人が住まない状態が長く続くと、物件が早く傷んでしまい価値が更に下がってしまう

以上のようなデメリットが生じてしまうからです。

こうしたリスクやデメリットを回避する方法が、この記事でおすすめする
事故物件専門業者に買い取ってもらう方法である、ということです。

事故物件の専門業者とは?

事故物件の当事者以外にとっては、事故物件専門の業者があるということはあまり知られていません。

当事者の方でさえ、今ここで初めて「事故物件専門業者」という名前を目にした。
という方も少なくないかもしれません。

事故物件専門業者に売却することのメリットを紹介する前に、そもそも事故物件の専門業者とは何か?ということを解説します。

事故物件専門業者は一般の不動産会社と何が違うの?

事故物件専門業者は、不動産会社の一種です。

一般の不動産業者との最も大きな違いは、事故物件を専門的に扱っているか、一般的な物件を扱っているか、という点です。

「事故物件専門業者って安全な会社なの?」

という不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、不動産大手フランチャイズに加盟している業者などもあり、一般的な不動産業者さんと変わりありません。

事故物件専門業者は何をしてくれるの?

事故物件専門業者に相談・依頼をした場合、どのように対応してもらえるのか?

会社によってそれぞれ多少の違いはあるかもしれませんが、基本的な対応としては、事故物件の価値を査定して見積もりを提示してくれます。

そして、希望の条件が一致すれば、査定額で買い取ってくれます。
ここでの大きなポイントは「仲介」ではなく「買取」をしてくれるということです。

一般的な不動産業者で事故物件を売却しようとしても、通常は「仲介」です。
ですので「欲しい」という人が現れるまで、物件は売れ残ってしまう可能性があります。

しかし事故物件専門業者は、査定額で業者が買取をしてくれます。
相談から買取までの流れが大変シンプルで、分かりやすいですよね?

では、なぜ一般の不動産業者ではなく事故物件専門業者がおすすめなのか、について解説します。

次の章で、メリットを具体的に紹介していくので
一つひとつご自身の状況と照らし合わせながら考えてみましょう。

事故物件専門業者に売却するとどんなメリットがあるの?

事故物件専門業者は「専門」をうたっているだけあって、事故物件を売りたい方にとっては、かゆいところに手が届く「こんなの欲しかった!」という業者です。

売り主のどんな「かゆみ」に手が届くのか?一つひとつ紹介していきます。

すぐに現金化できる

事故物件専門業者に買取をお願いすると、すぐに現金化できます。
業者にもよりますが、見積もり依頼から入金まで最短で、数日~1週間といったスピーディーな手続きになることも、珍しくありません。

すぐに現金が手に入ることで、生活の費用に充てたり、大きな買い物の資金の一つに充てたりするなど、事故物件によって得たお金を、有効に利用することができます。

確実に売却できる

専門業者から査定見積もりをもらったということは、業者が「この値段で買いたい」と言っていることを意味します。

不動産の仲介の査定の場合は「このくらいの価格なら売れそうだ」という意味合いなので査定額が出ても、その通りの額で売れるとは限りません。

いつまで経っても売れないリスクもあります。

また仲介の場合は、最終的な契約相手が個人になるので、思わぬ契約トラブルが生じる場合もあります。

例えば、買主が家族から猛反対されて契約取消しになってしまったり、契約が成立したのに買主がお金を支払ってくれなかったり、といったトラブルです。

しかし専門業者は、対企業の「買取」取引なので、このような不測の事態が滅多に生じないのです。

現況のまま売れる

仲介で事故物件を高く売るには、リフォームやクリーニングをして「事故」の痕跡を残さないことが大切です。
賃貸物件や駐車場として運用する際にも、更地にする工事費用や駐車場の設備費用が必要です。

しかし、事故物件専門業者に売却する際には、リフォームやハウスクリーニングなどをせずに現況のまま売却できます。

というのも、事故物件専門業者は事故物件の運用の専門でもあるので、リフォームやハウスクリーニングの工事も、自社で行えるからです。

・どの業者にリフォームを依頼すればいい?

・赤字にならないためには、リフォームの費用をいくらまでに抑えればいい?

といったことを考える必要がなく
専門業者の査定額がそのまま手元に入ることになるので、手間が大きく軽減できます。

物件情報を公開せずに売れる

専門業者に売却する場合には、インターネットなどで物件情報を公開せずに売却できるのも、大きな利点です。

「事故」が起こってしまった物件は、仲介で売却に出す際に不動産のインターネットサイトに掲載されると、地域や近所の住民の注目を集めてしまうことがあります。

特に気にしないという方は問題ありませんが、事故物件と同じ地域に暮らしている方などは特に、他人の目が気になるものですよね?

また、仲介物件として売りに出した場合には、一般の方々の物件内見もあるので冷やかし客が内見に来る可能性もあります。

こうした精神的な負担や苦痛を、味わうことなく売却の手続きができる点も、専門業者に依頼する場合の大きなメリットといえるでしょう。

事故物件専門業者を探すなら一括査定サイトが便利!

「事故物件専門業者に売却すると、とっても楽だし安心だ」

そんな風に感じた方は「事故物件専門業者をどうやって探したらよいのか?」が気になってくるのではないでしょうか?

当サイトがおすすめする事故物件専門業者の探し方は、事故物件一括査定サイトを利用することです。

一般的に不動産を売却する際には1社だけではなく、複数の業者に見積もりを取るのが鉄則です。
なぜなら、業者によって査定の基準や得意のエリア・物件の種類が異なり、同じ物件でも査定額に大きな差が生じることがあるからです。

事故物件は特殊な事情を持つ物件なので、査定額の差はなおさら大きくなってしまいます。

事故物件の買取値の基準となる項目

・物件本来の価格(周辺環境・間取り・建物のグレード・築年数・設備など)

・事故の内容(社会的ニュースになった事件性や、発見まで長期間が経過した孤独死など「事故」の内容によって、価格の下落幅が大きくなることがあります)

・景況感やタイミング

これらの様々な状況を総合的に判断して、事故物件専門業者は独自に価格の査定をします。

専門業者によって、得意な物件の種類やエリアなどもあるので同じ物件でも、業者によって査定額が変わるのは当たり前のことなのです。

逆にいえば、業者の選び方によっては、物件の本来の価値よりもかなり安い値段で物件を手放してしまうケースも、考えられるということです。

大金をドブに捨ててしまうような事態をなんとか避けたいという方は、事故物件専門の一括査定サイトをぜひチェックしてみてください。

最低2社~3社ほど専門業者に査定を依頼して、その中で高く物件を評価してくれた業者に依頼すれば、最小限の手間でスピーディーに、なおかつ高額で売ることができます。

また査定の際の手間という点でも、一括査定サイトはとても便利です。

複数の専門業者に個別に査定を依頼する場合は、物件やご自身の情報を個別に入力しなければなりません。

「早く売りたい」という気持ちが強くても、2件・3件と情報を入力しているうちに、だんだん売却手続き事態が面倒に思えてくることもあるでしょう。

その点、一括査定サイトを利用した場合は、物件の住所や建物面積などの最低限の情報を入力するだけで、複数の業者に査定を依頼することができます。

事故物件の売却を目指すとはいっても、普段は仕事が忙しかったり、家庭のことなどで時間を取られたりすることが多いと思います。

事故物件の売却は、一括査定サイトを使って最低限の手間で、最大の結果を得ることが理想です。

まとめ

事故物件専門業者に買取の依頼をすれば、スピーディーに査定見積もりを出してもらうことができます。

希望条件と一致すれば、そのまま現金化することもできるので

「事故物件が売れない」

という悩みから、あっという間に解放されます。

事故物件専門業者に買取を依頼するメリットは、他にもあります。

・リフォームをせずにそのままの状態で売ることができる
・契約のトラブルが起こりにくい
・物件情報を公開せずに売ることができる

こうしたメリットを最大限に活かす不動産売却の鉄則は、複数の不動産業者に査定見積もりを依頼することです。

そこで便利なのが、事故物件一括査定サービス!
インターネットに基本的な物件情報を入力するだけで、簡単に複数の専門業者に依頼できます。

事故物件の売却に困っている方はまずは、一括査定からスタートして、自身の物件の、おおよその金額を把握してみてはいかがでしょうか?

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介


「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

★“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
★仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の“直接買取”に強い会社のみを掲載

★仲介会社に依頼したが全然進まない。
★仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

★どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
★何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

★実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
★査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。

▼ あらゆる不動産売却を早く・高く

関連記事

  • 離婚時に共有名義の不動産はどうする?名義変更すべき?離婚時に共有名義の不動産はどうする?名義変更すべき? ただ登記の名義を変更するだけというわけではありません。 さらには、名義変更にあたって費用や手間もかかります。 この記事では、夫婦共有名義の離婚の際の名義変更の概要や手間・費用について解説します。 夫婦共有名義の不動産の概要と離婚時のデメリットとは? まず、簡単に夫婦共有名義の不動産について確認しておきましょう。 夫婦共有名義の不動産とは、夫婦2人の名義で所有している不動産のことを指します。 不動産を共有名義にすることにより、単独名義の場合よりも住宅ローンを多く借りることができたり、税制面での優遇があったりするなどのメリットがあります […]
  • 任意売却専門の不動産業者とは?一般の不動産と比べて役に立つのはどっち?任意売却専門の不動産業者とは?一般の不動産と比べて役に立つのはどっち? この記事では、任意売却がどのような点で一般の不動産売買と異なるのかを明らかにしたうえで、一般的な不動産と任意売却に特化した不動産会社との違いを解説します。 任意売却専門の不動産会社がどのような業者であるかを知ることで、どのような業者に依頼すると良いのかの参考にしていただけると思います。 任意売却と一般の不動産売却の違い 任意売却の専門業者と一般の不動産業者との違いを知る前に、任意売却と一般的な不動産売却の違いについて確認しておきましょう。 そもそも、任意売却とは住宅ローンが支払えなくなり滞納してしまったときに、競売を免れるための不動産売却方法で […]
  • 任意売却後の残債(残ったローン)はどうする?返済方法を完全解説任意売却後の残債(残ったローン)はどうする?返済方法を完全解説 しかし、債権者との交渉や相談により、月々の負担額を減らしたり、毎月の返済額を抑えるように調整したりすることも可能です。 この記事では、任意売却後の残債についての返済方法について解説します。 任意売却をしても残債が残るときにはどうなる? 住宅ローンには、金融会社の金利や諸費用などが含まれており、また購入時の金額でそのまま売却できるわけではないため、希望額で売却できても残債の金額を下回ることは珍しくありません。 まずは、残債が残ってしまう時に、一般的にどのような扱いになってしまうのかについて解説します。 任意売却 住宅ローン […]

借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら
「お困り不動産どうする」

お困り不動産どうするは、ドウスル株式会社が運営する「不動産売却査定専門サイト」です。一戸建てやマンション、アパート、土地、ビル、借地権、再建築不可、事故物件などのあらゆる不動産売却査定を、複数の不動産会社に一括で依頼することができます。借地権、再建築不可、事故物件その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった総合サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。権利関係でお悩みの方、特殊物件が売れるのかどうか知りたい方、相続した不動産や資産整理に伴う売却など買取先をお探しの方もまずはお気軽に完全無料の不動産売却一括査定サービスをご利用ください。