戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

不動産の仲介と買取の違い

不動産の売却方法の違いとそれぞれの流れ、メリット・デメリットを解説します。

その他

不動産の売却方法の違いについて

不動産の売却を不動産会社に依頼する場合、「仲介」と「買取」の違いをよく理解をしましょう。
「仲介」とは、不動産会社が買主を探し、不動産を売りたい売主とその不動産を買いたい買主をつなげることをいいます。
「買取」とは、不動産会社が買主となり、不動産を売りたい売主から不動産を直接購入することをいいます。

仲介による売却の流れ

  1. 1.売却相談・査定依頼
  2. 2.不動産会社(仲介会社)による物件調査・査定
  3. 3.査定金額の提案
  4. 4.売却依頼(媒介契約の締結)
  5. 5.販売期間
  6. 6.購入申込
  7. 7.契約条件調整
  8. 8.不動産売買契約締結
  9. 9.決済・引渡し

買取による売却の流れ

  1. 1.売却相談・査定依頼
  2. 2.不動産会社(買取会社)による物件調査・査定
  3. 3.査定金額の提案(購入申込)
  4. 4.契約条件調整
  5. 5.不動産売買契約締結
  6. 6.決済・引渡し

「仲介」と「買取」の売却の流れのなかで大きく異なる点は、売却期間に影響する「販売期間」が不要となることです。
「買取」での売却方法は、不動産会社が直接買主となるため、不動産会社に売却相談・査定依頼を行ってから、不動産売買契約、決済・引渡しまでの期間が短いことが特徴です。
また、不動産のプロである不動産会社が直接不動産の買取を行うため、一般の方との間の不動産売買と比べ、売買条件(売買・引渡しに付随する条件)が良くなる(緩くなる)場合があります。

    主な売買条件

  • ■売買金額
  • ■売買時期、引渡し時期
  • ■境界明示、測量負担
  • ■建物解体、引渡し状況
  • ■瑕疵担保責任
  • ■借家人の対応など

売買金額については、「仲介」によって一般の方に売却した方が高く、「買取」の場合の方が安くなる傾向にあります。
しかし、前述したように売買金額以外の売買条件や、販売期間等の総合的な要件により、どちらのほうが売主様にとってより利益があるのか判断する必要があります。

仲介による売却 メリット・デメリット

★メリット

不動産市場の相場価格で売却することができる。

★デメリット

売却完了まで時間を要する場合がある。

買取による売却 メリット・デメリット

★メリット

早期に売却完了することができる。

★デメリット

「仲介」に比べて売却金額が低くなる場合がある。

一般的には、「仲介」の場合は、売却まで期間を要するが、高く売却することができ、
「買取」の場合は、売却価格は比較的安価になってしまうが、売却まで期間は要さない。といえるでしょう。

仲介による売却に向かない不動産ってある?

不動産の種類によって「仲介」による売却に向かない場合があります。
まず、「仲介」会社は、売買成立時の手数料によって利益を上げています。

宅建業法に定める手数料の上限
売買代金 仲介手数料
200万円以下の部分 売買代金×5%以内
200万円超400万円以下の部分 売買代金×4%以内
400万円超の部分 売買代金×3%以内

400万円以上の不動産取引について、上記を速算式にしたものが、よく言われる「売買代金×3%+6万円」なのです。

「仲介」会社は、売買代金と手数料が比例の関係にあります。
つまり、不動産の売買代金が大きくない物件は、仲介会社にとってもあまりうまくない案件として判断される可能性があります。
※すべての仲介会社がそう判断されるわけではありません。売買代金が大きくない不動産でも真剣に取り組んでくれる仲介会社、営業マンもいます。

また、売主にリスクがある不動産も「仲介」に向いていない不動産ともいえるでしょう。
たとえば、築古不動産や瑕疵がある不動産、近隣とトラブルがあるような案件は、一般のお客様に「仲介」で売却したのち、問題が発覚した場合、売主の責任を訴求される場合があります。このような売主にリスクがある不動産は、不動産のプロである「買取」会社に売却することが良いと思われます。

「仲介」と「買取」どちらが良いのかは、不動産の種類や売主様の状況・優先順位によって、比較しながら判断されることをおすすします。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

関連記事

  • お困り不動産とはお困り不動産とは お困り不動産とは 読んで字のごとく、所有者様がお困りになっている不動産を「お困り不動産」と定義しています。不動産の種類や周辺環境によって、または所有者様の状況や関係権利者との問題など、不動産にまつわるお困りごとは多岐にわたります。その一部をご紹介します。 お困り不動産①「所有権」 所有権とは、土地と建物の所有者が同一名義の不動産をいいます。 所有権の不動産を売却し […]
  • 事故物件の売却事故物件の売却 事故物件には四種類ある!? 近年よく耳にする事故物件ですが、事故物件には実は四種類あります。 ■心理的瑕疵物件 ■物理的瑕疵物件 ■法的瑕疵物件 ■環境的瑕疵物件 「心理的瑕疵物件」とは、一番メディアでも取り上げられる事故物件のことで自殺・殺人・事故・病死などにより人が亡くなってしまった物件のことを指します。心理的に何となく嫌だなと感じられる瑕疵となってお […]
  • 任意売却任意売却 任意売却とは? 任意売却(任意売買)とは住宅ローンなどの返済が難しくなった場合に借り入れている金融機関の同意を得て売却する方法になります。 しかし、売却した金額は、原則、全額返済をし返済後に残った住宅ローンに関しては返済額を見直して毎月支払っていきます。 通常住宅ローンは支払い日までに返済をすればいいのですが、返済が滞ってしまうと期限の利益を喪失してしまい、金融機関 […]