戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

不動産買取のメリット|仲介よりも買取が適している6つのケース

不動産買取のメリット

一般的に不動産売買においては仲介の方が広く利用されています。確かに、物件の状態が良く、取引がスムーズに進んだ場合には、仲介の方がより高額で売却手続きが完了するケースが多いです。しかし、買取による売却手続きを選択した方がメリットを感じられる場合も確かにあります。
今回は、簡単に不動産売却時の買取と仲介の特徴を紹介したうえで、どのような状況で買取の依頼をした方がマッチしているかについて紹介します。

おすすめ記事 所有権 物件種別

2通りの不動産の売却方法|買取or仲介

不動産を売却する際には、仲介と買取の2通りの方法があります。不動産売却の場合は仲介で物件を売却することが多いですが、買取と仲介のそれぞれの特徴を知ることにより、買い手が見つからなかった物件の売却に成功したり、想定よりも高値での売却に成功したりすることもあります。
まずは、それぞれの特徴を紹介します。

スピーディさと確実性が魅力の買取

「買取」は、その名の通り不動産業者に物件を買い取ってもらうことです。手放したい物件について不動産業者の担当者と商談をして、条件が合致した時点で買い取ってもらいます(不動産業者は、その後買い取った物件を転売したり、取り壊して賃貸物件を立てたりするなどして収益化を図ります)。

仲介と比較した場合の買取の特徴は、売却開始から手続き満了までがスピーディに完結することと、契約の際のトラブルが生じにくいことです(例えば、仲介の場合には購入希望者の住宅ローンの申請が通らなかったり、契約の話の最中に購入者の気が変わって破談になってしまったりすることがあります)。

また、買取での売却の場合には、不動産業者に対して仲介手数料がかからないという特徴もあります。手数料については、「不動産売却時の手数料解説|事前に把握して手元に残る金額を把握」 で解説しているので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

MAXの条件を引き出しやすい仲介

「仲介」は、契約を締結した不動産業者に買主との仲介を依頼する売却方法です(契約のサポートをしてもらう方法です)。買主となる見込み顧客を探すための広告・宣伝活動や内見の案内、買取希望者からの価格交渉に対する窓口、書類作成業務のサポートなど、不動産売却に関する一連の業務を依頼できます。

仲介の特徴は、不動産の条件(立地、築年数、管理状況、周辺環境など)が良ければ、高値で売れる可能性が高いことです。特にリフォームの必要性が無く、購入者が手入れをしなくてもそのまま住めるような物件は、高値が付きやすいです。一般的に、購入者が現れるまでには時間がかかってしまう傾向があります。

不動産の「買取」での売却はどのようなケースで適しているか?

「MAX条件を引き出すには仲介の方が適している」のは確かですが、不動産の状況次第では買取の方が高値で売却できることもあります。また、価格面以外でも買取ならではのメリットがあります。

ここでは、買取を選択した方がメリットを感じやすくなる場面について具体的に紹介します。

早急に手元に現金が必要な時

不動産業者に仲介を依頼した場合には、順調に売却手続きが進む場合でも3~6か月ほどの期間がかかります。なおかつ、買い手が見つからなければ、期間がどんどん伸びてしまうこと、状況によっては価格を下げるなどの対応が求められることなどの状況にも陥ってしまいます

上述の通り、不動産業者による買取はスピーディさが特徴の一つなので、条件の折り合いさえつけば、スムーズに現金化することが可能です。

他の人に家を手放すことがバレたくない時

不動産業者に仲介を依頼する場合には、物件を売りに出したことが周囲の人に分かってしまいます(不動産業者のホームページやチラシに物件情報が掲載されてしまうため)。「未公開物件(非公開物件)」として販売し、情報の公開を限定することはできますが、情報を非公開にしたまま売却したいケースでは買取が適しています。

※未公開物件(非公開物件)とは
最も多いのは、特定の不動産業者のみが売主から取り扱いを許可されている物件。販売店は限定されますが、特定の販売店の顧客に対しては公開物件と同様に取り扱われるため、非公開とはいえません。

安全に売却をしたい時

仲介の場合には購入者が個人なので、振り込み処理が完了するまでの間に、何かしらのトラブルが生じてしまうことがあります。対して、買取の場合には不動産業者に買い取ってもらうため、トラブルが生じてしまうリスクが小さく、安心して取引を進めることができます。

また、瑕疵担保(かしたんぽ)の責任も免除されます。瑕疵とは、キズや欠陥のことであり、具体的には雨漏りや柱の腐敗、シロアリ被害などの住宅の機能上の欠陥を指します。

仲介による売却の場合には、売却後に瑕疵が発覚した場合、売主側に修繕対応や、場合によっては契約解除に応じる義務を負う担保責任を付けます(引き渡し後3か月程度が一般的)。瑕疵担保責任がないということは、売却後に欠陥が判明した場合でも売主が責任を負う必要がないということです。

築年数の古い物件や補修すべき箇所のある物件を売却したい時

築年数の古い物件や補修すべき箇所のある物件は、仲介に出しても希望通りの価格が付きにくいケースが珍しくありません。売主側の負担で更地にしたり、修繕を施したりしてから売却手続きを取るケースもあります。

買取依頼の場合、不動産業者がリフォームや修繕・清掃などを購入後に全ておこなってくれるので、それらの手続きを取る必要がありません。

借地権付き不動産などの訳あり物件を売却したい時

借地権付きの不動産などの訳あり物件は、仲介では買い手が付きにくい物件です。しかし、こうした訳あり物件においても、買取であればスムーズに売却が進む可能性が高まります。

不動産業者の中には、訳あり物件の取り扱いに長けた業者もあります。訳あり不動産の扱いに長けた業者であれば、通常の不動産業者と比較して、査定も希望額に近い金額が付きやすいので、安心して売却できます。

仲介での売却が思うように進まない場合

仲介を依頼しても1年以上買い手がつかない物件については、買取での売却を選択肢に入れるのもおすすめです。

長期的に買い手がつかない状態が続くと、該当エリアで物件を探しているユーザーには物件の情報が認知されています。購入希望者側から見て、魅力的な物件としてみなされていないか、値下げを待たれている状態に陥っている可能性があります。

売れない状況が続いてズルズルと値段を下げるよりも、買取にてスパッと物件を手放した方が早いケースもあります。

まとめ

不動産売却時には、ご自身の状況や不動産の状態などによって、買取あるいは仲介のどちらで手続きを進めた方が良いのかを検討すると良いでしょう。

一般的には、仲介により売却手続きが取られるケースが多いですが、早急に現金化したい時、確実性を重視する際、事故物件や抵当権付き物件などの訳あり物件を売却したい時などは、買取を依頼した方が希望に沿った売却手続きが進められる可能性が高いでしょう。

また、買取にせよ仲介にせよ、査定額や買取額は業者によって大きく異なります。買取か仲介かの判断の後に、複数の業者から見積もりを取り、ご自身の物件の価値を客観的に判断しましょう。

監修者:ドウスル株式会社 代表取締役 村田 大介

査定依頼完了まで3分。物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

査定・見積もりを依頼する

関連記事

  • 不動産売却で希望額を得るための流れと業者選定のポイント不動産売却で希望額を得るための流れと業者選定のポイント 不動産売却!希望額で売却するための流れとは? 不動産を売却予定の方や、売却手続き中の方の多くが心配されていることが「想定通りの金額で売却できるかどうか?」「不動産を売るにはどのように手順を踏めばよいのだろうか?」といったことではないでしょうか? そこで、不動産売却手続きの基本的な流れについて紹介します。 ①不動産物件の相場を知る 「希望額で売りたい」と […]
  • 不動産の立地や権利状態まとめ不動産の立地や権利状態まとめ […]
  • 不動産売却時の無料査定の方法|業者によって査定額が違うのはなぜ?不動産売却時の無料査定の方法|業者によって査定額が違うのはなぜ? 不動産の無料査定について最低限知っておきたいこと 不動産を売却したい時には、不動産会社に査定依頼をして不動産価値を確認するところから始まります。 不動産を売却する上での最初のポイントといえば、無料査定です。査定額は、自身の物件の価値を知るためだけではなく、スムーズに物件を売却するための目安にもなります。また査定の際に、売却に有益な書類や情報をそろえることで、有利に […]