戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「不動産売却どうする」

借地権の地代ってどうやって計算されているの?算出方法の解説

地代に関して法的な算出方法はありません。目安としての計算方法などを解説。また地代を支払いたくても地主が受け取ってくれない場合などの対応方法や地代の値上げを地主から言われた場合にはどうしたらいいのかなどを解説しています。

物件種別 借地権

地代の目安

地代の目安
土地を借地として貸している場合、地主さんは借地人から地代を受け取ることができます。この地代は借地権契約の根本的な要素となっており、地代の支払いが滞っている借地契約の解除となりうる場合もあるので借地権者としては注意が必要です。

そして、地代の相場がいくらぐらいなのかは借地権者・地主ともに気になる部分です。しかし、不動産というのは、その1つ1つの物件で全て異なり、土地の利用状況や物件所在地、坪数などによっても変わる為、一概に相場がいくらになりますとは言いづらいものです。また、地代は原則的に地主と借地権者側の取り決め・合意に基づいたものとなります。なので、同じような地域であっても、借地権の契約内容によっては地代にも差が出てくる可能性がございます。

慣習としては、土地の固定資産税・都市計画税の3~5倍程度となっているようです。裁判の判例においても同様の金額を地代設定として認めたものがあります。

他にも、差額配分法、利回り法、スライド法、賃貸事例比較法といった4つの手法で適正な地代を算出するやり方があります。適切な地代を知りたい場合は、不動産鑑定士などにご相談されることをお勧め致します。

相続などで代替わりし、地主と連絡がつかない場合

上記でも記載をしましたが、地代の支払いは借地権の契約において根本的な要素となっており、地代の支払いが滞っていると借地契約の解除となりうる場合があります。地主さんとトラブルを抱えており、地代の受け取りを拒否されてしまったり、地主さんが代替わりをしていて連絡がつかない場合などは、法務局に供託することができます。

供託とは国の機関である「供託所」にお金を預けることで、地代などを「支払ったこと」と同じ効果とすることができる制度です。手続き方法などについては、以下法務省のページに記載されています。
法務省:供託の仕方

地代の増減請求権

借地権契約において、地代の設定が為されると一定期間はその額で固定される形となりますが、契約から10年・20年と経過してくると土地に対する租税その他の公課の増減、土地価格の高低、近隣の地代賃料などと比べて不相当であるようになった場合、当事者は賃料の増額または減額を請求することができるとされています。(借地借家法11条1項本文)

基本的には、借地人側と地主側の話し合いによって折り合いをつける事なりますが、話し合いがまとまらなかった場合は、訴訟を提起する形となり民事調停の申立てをしなければなりません。結論が出るまでは、以前から支払い続けてきた相当地代額をそのまま収める形となり、地主側が受け取りを拒否した場合などは、法務局の供託を利用し債務不履行とならないようにします。

和解が成立しない場合は、最終的に裁判所の判決により、相当な賃料が定められ、決定するまでの間に支払った地代と新しく決定した地代に差額がある場合には、年1割の利息を付けてお互いに精算する取り決めとなっています。

【記事執筆・監修】

お困り不動産どうする ドウスル株式会社 コラム編集部

不動産業界に10年以上携わり、借地権・底地・再建築不可などの特殊物件に精通したプロが執筆しています。どこに相談したらいいか分からない、不動産トラブルについて詳しく解説しているサイトがない、こういったお悩みに寄り添うべく、お役立ち情報・新鮮な情報・トレンドを随時発信していきます。

【記事執筆・監修】

お困り不動産どうする
ドウスル株式会社 コラム編集部

不動産業界に10年以上携わり、借地権・底地・再建築不可などの特殊物件に精通したプロが執筆しています。どこに相談したらいいか分からない、不動産トラブルについて詳しく解説しているサイトがない、こういったお悩みに寄り添うべく、お役立ち情報・新鮮な情報・トレンドを随時発信していきます。


あなたにピッタリの不動産会社が見つかる!

土地、マンション、戸建て、借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却など不動産種別毎の多様な悩みに合わせて数々の企業の中からお客様に最適な不動産会社をご紹介することができます。
なぜ、最適な業者を選定しなければならないのか?それは、不動産会社にも得手不得手があるからです。
もし、不得手な不動産会社に相談してしまったら...断られる・査定価格が低くなってしまう、最悪の場合、仲介手数料を支払って買取業者に買ってもらうなんていうケースもありえます。それを回避するのが【不動産売却どうする】

関連記事

  • 【借地権の売却】売却先の候補や流れを解説!【借地権の売却】売却先の候補や流れを解説! <簡単におさらい!借地権とは?> 建物の所有を目的とする、「地上権」又は「土地の賃借権」の事を言います。 地上権地主の承諾なしに第三者へ譲渡・売買したり建替したりすることが可能。地上権を売却することも可能。土地や建物を担保とする抵当権も設定可能。また、所有者に対して、登記の請求もできます。 賃借権現在流通している借地権のほとんどが貸借権となっている。契約の範囲で土地を使用する代わりに賃料を支払う義務がある。民法上では債権に当たり、借主は貸主の承諾なく土地や工作物を譲渡・売買することができない。 地上権と賃借権の違いをまとめる […]
  • 借地権の相場を徹底解説|本来の価格とマイナス要因とは借地権の相場を徹底解説|本来の価格とマイナス要因とは 借地権の相場はどのくらい? 借地権付き建物の媒介を依頼する際の相場の目安について紹介します。そして、なぜ?借地権付き建物の取引価格が変動してしまうのか簡単に紹介します。 借地権の相場を手っ取り早く知りたいという方もいらっしゃるかと思いますが、現実的には相場額を算出するのは、それほど簡単なことではありません。神奈川県宅建協会が公表している見解を一つのヒントにするならば「理想の不動産価格の半額プラスアルファ」が目安になります。 取引価格の相場が立てづらい根拠や、本来の価格の算出方法について紹介します。 借地権付き不動産の価格に明確な基準はない! […]
  • 借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方借地権査定のベスト手順と借地権に強い不動産業者の探し方 借地権売却時の査定を依頼する前のポイント 借地権売却を考えている方で、これから査定を依頼しようとしている方は、売却後に「失敗した!」とならないために、依頼前にどのようなことに注意をしたら良いのかを理解しておくとがポイントです。 不動産売却の査定の重要性は言うまでもないことですが、借地権の場合には特に査定額の変動要因が大きいので、不動産業者の選び方などが非常に重要です。 そこで、今回は借地権の売却における適切な査定方法と、借地権に強い不動産業者の選び方について案内します。 借地権の査定方法は一般的な不動産と同様 […]