借地権、底地、再建築不可、共有持ち分、事故物件、任意売却などの売却査定なら「お困り不動産どうする」

【底地の税金】売却主・所有者の立場別にかかる税金の内訳と計算方法

NEW

一般的に不動産を売却したり運用したりする際には、さまざまな税金がかかります。
底地の売却の際にはどのような税金がかかるかご存知でしょうか?
税金の知識を知っておかなければ、不動産を売却した際に思ったほど手元に現金が残らなかったり、売却の際のお金の流れがイメージできなかったりするリスクがあります。
同時に底地の所有者に対して、所有している間にどの程度の税金がかかるのかを把握しておくことも大切です。

続きを読む left_arrow_icon

底地を整理するための5つの方法|メリット・デメリットを完全解説

資産を売却したり手放したりすることを「整理する」といいますが、底地は整理が難しい資産とされています。

しかしながら、整理が難しいのは事実ですが、不可能ということではありません。

適切な手順で整理をすることで、相場よりも高額な売却や短期間での売却に成功した事例もあります。

続きを読む left_arrow_icon

底地売却は専門業者に!探し方に迷ったら一括査定が効果的

底地は自由な運用が難しいことから、借地人以外に売却しようとしても買取してもらえる可能性があまり高くありません。そのような不動産としての特性から、一般的な不動産業者に仲介を依頼しても、引き受けてもらえないケースが少なくありません。

相続によって急に底地を引き継いでしまった方や、まとまったお金が必要な状況にいる方などは、思うように底地が売れない状況にやきもきされていらっしゃるかもしれません。

続きを読む left_arrow_icon

底地の評価額を知れば査定の根拠が分かる!3種類の評価方法とは

底地などの事情のある物件も含め、不動産を売却する際の査定の目安になるのは評価額です。不動産の価値を第三者に客観的に評価してもらうことで、売却時の見積もりが適正か否かということを判断する際の目安になります。あるいは等価交換など他の手段を選ぶべきか否かを判断する際の参考にもなります。

続きを読む left_arrow_icon

底地買取の相場を解説!売れない底地を高く売るためのコツを大公開

借地人の権利が強く、自由な運用が難しい底地は、一般的な不動産と比べるとかなり売却が難しいとされています。地代や更新料などで十分な収益がある場合は、継続して底地を所有し続けるメリットもありますが、全体的な傾向として地代は安く抑えられがちです。底地の管理に手間がかかっていたり、まとまったお金が必要だったりする場合には「売却して現金化したい」という状況もあると思います。

続きを読む left_arrow_icon
もっと見る left_arrow_icon