戸建て・マンション・借地権・再建築不可などあらゆる不動産の売却査定なら「お困り不動産どうする」

STEP1
物件種別を選択


STEP2
所在地を選択
検索

※郵便番号にはハイフンを入れてください。

普通の査定と一括査定の違い

様々な事情により手放しが必要となった所有権、借地権、底地、再建築不可、事故物件、その他にも共有持ち分や任意売却などのお困り不動産を直接買い取りしている不動産会社が集まった一括査定サイトだからこそ、物件の評価や権利調整が得意なプロに出会えます。

"お困り不動産どうする"では物件情報をいれるだけで対応できる不動産会社に売却一括査定をすることができます。査定依頼は約1分程度で完了するので、是非お気軽にご利用ください。

「お困り不動産」と言われる下記のような物件が売却査定可能
査定はすべて無料です。

要因別不動産

  • 相続

    相続した不動産は法定相続人の確定が必要となり、また相続税も発生します。相続税の支払いが困難となるケースも。

  • 離婚

    離婚の際の財産分与が一番の問題点。名義人が誰なのか、抵当権の設定が為されているのかなども確認ポイントとなります。

  • 金銭的事情

    様々な事由により金策が必要となるケースも。その場合確実にスピーディーに手間なく不動産を売却できるかが鍵となります。

  • 資産整理

    資産整理の目的に応じて、最適な売却時期や方法など専門的な対応が可能な不動産会社に依頼したほうが安心です。

権利関係・訳あり不動産

  • 所有権

    一般的に流通している権利形態で建物名義及び土地名義が同一となります。登記した所有権は、自由に売買可能です。

  • 借地権

    地主さんから土地を借り自己所有の建物を建てる借地権は所有権に比べ、資産価値が低くなる傾向にあります。

  • 底地権

    借地に住んでいる人がいる限り借地権者を無視して土地を利用・活用することができない為、負不動産となりがちです。

  • 再建築不可

    接道義務を満たしていない為に建て替え(再建築)する事ができず、住宅ローンがつきにくい傾向にあります。

  • 事故物件

    主に物件内で事件や事故・自殺等があった「心理的瑕疵物件」を指します。売買が難しい不動産です。

  • 共有持分

    共同で不動産を所有・管理している場合全員の承諾が必要となる為、売却の際に揉める事が多い不動産。

  • 空き家

    近年問題となっている空き家は時間が経てば経つほど空き家の価値が下がる為、早めの売却が肝心です。

  • 任意売却

    裁判所によって強制的に差押えとなる前に早めの売却・決断が重要です。仲介での失敗=競売に転ずる可能性も...

  • 立ち退き案件

    物件の売却をしたくても賃借人がいる場合は立ち退きが必要となり、立退き交渉には経験豊富なプロが必要です。

専門知識が必要となる不動産専門!多種多様な不動産を査定します。

より安心・より確実な売却をお手伝い。「お困り不動産どうする」の
コンシェルジュサービス

03-6432-5932
※受付時間 10:00~19:00(平日のみ)

確実にそして多くの不動産会社から買い取り査定を受けるには、正確なお客様情報・物件情報が必要です。その為査定フォームで記載いただく必須事項が多くなってしまいユーザー様によってはストレスを感じられてしまいます。
そこでそんな煩わしさを少しでも軽減できるようにお困り不動産どうするでは、お電話でご相談をいただければ私共の方で物件情報や各種条件部分などの入力を代理で行わせていただきます。土地賃貸借契約書がお手元にない場合もお気軽にご相談ください。


大切な不動産であるご自宅の売却について、適切な会社のご紹介や段取りなどをお手伝いする無料サービスです。
お困り不動産どうするの賢い使い方

「お困り不動産どうする」の業界初4つのポイント

ポイント1

業界初の“お困り不動産”専門査定サイト

地図

“お困り不動産”をどこに相談したらいいかわからない。
仲介会社などに依頼したが取り扱えないと言われた。

「お困り不動産どうする?」は所有権及び借地権、底地、再建築不可、共有持分、瑕疵(事故)物件、任意売却などに特化した売却一括査定サイトです。

ポイント2

業界初の買取会社専門

買取会社

仲介会社に依頼したが全然進まない。
仲介会社の査定金額では全然売れない。

“お困り不動産”を確実に売却、現金化できるように買取会社専門のサイトです。仲介では難航しそうな不動産を手早くスピーディーに買取します。

ポイント3

業界初の自分で査定会社を選べる

査定会社を選べる

どこの会社に情報が流れるのかわからないので不安。
何社対応しなければいけないのかわからなくて面倒。

本サイトでは、ご自分で査定会社や依頼する会社数が選べます!1社でも数社でもご自分で納得・信頼できる会社にお問い合わせください。
査定依頼した会社以外から連絡がくることはありません。

ポイント4

業界初の個人情報保護システム

セキュリティー

実際にほんとうに取り扱ってもらえるのか。
査定依頼したが、連絡がなくどうしたらいいかわからない。

査定依頼をした会社が簡易情報をもとに実際に取り扱いが可能か判断します。
実際に取り扱いが可能と判断した会社にのみ、ユーザーの詳細情報が開示される匿名性の高い査定システムとなっております。



物件の種別・エリアから不動産会社を探す

物件の種別から不動産会社を探す

物件のエリアから不動産会社を探す

首都圏



関西圏

売却一括査定までの流れ

step1

物件種別・所在地を選択

売却査定依頼をしたい物件の種類とエリアを選択してください。
条件にマッチした不動産会社を探します。

down_arrow_icon
step2

物件情報を入力

お客様の物件情報を入力してください。詳細な情報を入力していただく
ことで、精度の高い査定・お見積をすることができます。

down_arrow_icon
step3

不動産会社を選択して、売却査定を依頼

物件にマッチした不動産会社の一覧が表示されます。
各社の特徴を見ていただき、気にいった不動産会社に依頼できます。

down_arrow_icon
step4

不動産会社からご連絡致します

依頼した不動産会社から電話またはメールで連絡が入ります。
物件情報は登録も可能なので、一度登録してしまえば再度売却査定するのは簡単です。

ドウスル株式会社の最新プレスリリース - valuepress [プレスリリース配信・PR情報サイト]

よくあるご質問

当サイトの利用方法や不動産売却に関するよくあるご質問を集めました。

不動産の査定サービスは、本当に無料ですか?
「お困り不動産どうする」における不動産の査定サービスは、訪問査定においても無料でご利用いただけます。様々な事情により手放すこととなった所有権・借地権・再建築不可・任意売却などの売却をご検討の際は、是非お気軽にご利用ください。
一度に何社まで査定依頼できますか?
お客様が所有されている物件の所在地によっても異なりますが、一度の入力で複数社の不動産会社へ査定をご依頼いただけます。複数社からの連絡を好まれない方は1社指名査定も可能です。ご自分で納得・信頼できる会社へお問い合わせ下さい。
査定依頼をしたことが第三者に知られる事はありませんか?
ございません。実際に取扱いが可能と判断された不動産会社にのみお客様の詳細情報が開示される仕組みとなっており、それ以外にお客様の個人情報が開示されることはございませんのでご安心ください。

まずは、お気軽にお問い合わせください

down_arrow_icon
clipboard_icon
STEP 01
物件の種別を選んでください


STEP 02
物件の所在地を選んでください

各種不動産や売買・売却に関するお役立ちコンテンツ

2019/04/22
借地権

個人が地主の借地権・底地の同時売却

同時売却ってそもそもなに? 借地権・底地の同時売却とは、借地権者様が所有する借「お困り不動産どうする」では、借地権、底地、再建築不可に関する基本記事コンテンツを用意しています。物件の売買は高額取引になるため不安や疑問になることも多いと思います。売買に当たって重要なポイントを3つの記事にまとめました。是非、ご活用ください。「お困り不動産どうする」では、借地権、底地、再建築不可に関する基本記事コンテンツを用意しています。物件の売買は高額取引になるため不安や疑問になることも多いと思います。売買に当たって重要なポイントを3つの記事にまとめました。是非、ご活用ください。

2018/11/20
再建築不可

セットバックについて

セットバックってどういうこと? 現在の法律では原則として幅員4m以上の整備され「お困り不動産どうする」では、借地権、底地、再建築不可に関する基本記事コンテンツを用意しています。物件の売買は高額取引になるため不安や疑問になることも多いと思います。売買に当たって重要なポイントを3つの記事にまとめました。是非、ご活用ください。「お困り不動産どうする」では、借地権、底地、再建築不可に関する基本記事コンテンツを用意しています。物件の売買は高額取引になるため不安や疑問になることも多いと思います。売買に当たって重要なポイントを3つの記事にまとめました。是非、ご活用ください。

2018/08/02
借地権

地主に立ち退きを迫られたらどうしたらいい?

突然やってくる地主の立ち退き要求 借地権に関連するトラブルとして、地主さんから「お困り不動産どうする」では、借地権、底地、再建築不可に関する基本記事コンテンツを用意しています。物件の売買は高額取引になるため不安や疑問になることも多いと思います。売買に当たって重要なポイントを3つの記事にまとめました。是非、ご活用ください。「お困り不動産どうする」では、借地権、底地、再建築不可に関する基本記事コンテンツを用意しています。物件の売買は高額取引になるため不安や疑問になることも多いと思います。売買に当たって重要なポイントを3つの記事にまとめました。是非、ご活用ください。


お役立ちコンテンツTOPへ